The following two tabs change content below.
中村 光信
マウンテン&ウォーターマンでありグラフィックデザイナー。 オヤジと呼ばれる歳になっても今なお自然を舞台に実践し続けているエクストリームな遊びと、 デザイナーとしての腕一本だけを武器に、好きなことで稼いで自分らしく生きていく、自称「エクストリームオヤジ」として世の迷えるオヤジ達をそそのかすような発信とゴキゲンなライフスタイルを実現する可能性をExploring!

僕は自称「エクストリームオヤジ」と
名乗ることにしている。

 

アウトドアマンではないかもしれない。

 

僕はアウトドアと関わる事が好きだ。

 

というか、もっと踏み込んで言うと、
ウィルダネス(荒野)とオーシャン(大洋)の中で
遊ぶのが好きだ。

 

正直なところ、人間に管理された野外施設や
人間の作ったルールを守らなければ成立しないような
スポーツや遊びには全く興味がない。

 

家の生活をそのまま持ち込んできたような
オートキャンプ場で寛ぎながら
「自然っていいな?」とか言う気持ちは
さらさらないのである。

フリークライミングイメージ

伊豆城ヶ崎海岸にてフリークライミング。

 


◎30年間関わり続けたエクストリームスポーツ


 

エクストリームスポーツと言うカテゴリを
ご存知だろうか。

 

ウィキペディアを見てもらえば、
おおよその意味は理解できると思う。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/エクストリームスポーツ

 

僕がこれまでに行ってきた
ウィルダネスとオーシャンとの関わりを
列挙すると、

 

登山(オールシーズン)
ビッグウォールクライミング
フリークライミング
アイスクライミング
バックカントリースノーボード
トレイルランニング
スキューバダイビング
ウインドサーフィン
カイトボード
レギュラーサーフィン
スタンドアップパドル

 

ウィキペディアの定義の範疇は
もちろん一般的なエクストリームスポーツを
定義していると思うが、
僕はその中でも、エクストリームスポーツいうのは、
人間界のルールやシステムが及ばない、
もしくは及び難いウィルダネスとオーシャンを
舞台にして、人力もしくは自然の力を利用し、
場合によっては生死をかけて
遊び尽くす行為だと考えている。

 

そして、前述した
僕が実践してきた遊び全てにおいて、
僕が考えるエクストリームスポーツの考えを
適用させて活動してきた自負がある。

 

「エクストリームオヤジ」はハッタリでも誇張でもない。

 

ウインドサーフィンイメージ

家からクルマで3分。内灘ビーチでのウインドサーフィン。

 


◎エクストリームの先にある本当の自由


 

ウィルダネスやオーシャンの中で遊ぶのは
本当に楽しい。

 

自分以外に自分を守るものがない場所に
放り出されたような感覚がまず好きだ。

 

例えば、地上数百メートルの大岩壁にしがみついて
デリケートなクライミングをこなしている時や
自分の身長を遥かに超えるウネリに追われながら
大海原をウインドサーフィンで疾走しているときなど、
完全に人の世界から隔絶されて、全てがフリーだ。

 

そして、大墜落の恐怖に耐えての一手を出すときや、
大波に突っ込んでいくときの信じられないような集中力、
それらをメイクした時の頭を突き抜けるような生の実感。

 

もちろん危機的状況に陥る事もある。

 

そうなったら、そこからはサバイバルの領域だ。

 

生還するために自分の持てる能力を
総動員することになる。

 

アドレナリンや他の脳内物質も総動員だ。

 

とにかく全てが自由で最高だ。

 

僕の周りには、少人数だがそんなイカレた
尊敬すべきエクストリームな連中がいるのだが、
世の中には大自然とエクストリームに関わりたいと
思っている人は沢山いるのではないかと・・・

 

僕も含め、そういった人たちが
最高にゴキゲンな人生を
送るためにはどうすれば良いかを
今後も模索し情報をシェアしていけたらと思っている。

===================================

生活に流され埋没しそうになりながらも、
「こんなはずじゃない!」と心密かに思っているオヤジたち!

エクストリームでゴキゲンな生き方を教えようかと思うんだけど、どう?

今すぐ登録(無料)→ https://canyon-ex.jp/fx18530/nakamura

この記事を書いた人

中村 光信
中村 光信
マウンテン&ウォーターマンでありグラフィックデザイナー。
オヤジと呼ばれる歳になっても今なお自然を舞台に実践し続けているエクストリームな遊びと、 デザイナーとしての腕一本だけを武器に、好きなことで稼いで自分らしく生きていく、自称「エクストリームオヤジ」として世の迷えるオヤジ達をそそのかすような発信とゴキゲンなライフスタイルを実現する可能性をExploring!