The following two tabs change content below.

緒川 奈央

なんで??が大好物の、頭でっかちへりくつ人間です。そこで競ったら、2歳児にも負けない。 彼らの神聖なる感性からは出てこない、世俗にまみれた大人が納得できる答えを、日々、模索中。そして仮説を立てて実験中です。

「自分探し」なんて全く役に立たない。

http://www.inoueyuuki.com/entry/2015/09/10/180000

全くもってその通りです。

どっかに行ったところで、「自分みっけ!」なんてことになる訳ない。そんなの怖い・・・。

でも。でもですよ。

もう、もやもやしてしょーがない、と。

自分は一体、何がしたいんだ。

こんな毎日のために生まれてきた訳じゃねぇ。

とか、

なんでもいーからどっかへ行ってしまいたい。

とかね。

逃避したいこともあるだろうなと。

それはものすごくわかる訳です。

つまり、逃げたくて、時間かお金か、何かの余裕があるんだと思うんだけど

ここじゃないどこかへ一時でも行ってしまいたい。

そして、今の私にはそれができる。

とするならば。

行っちゃえばいいじゃん。

無駄だろーが、なんだろーが。

と思います。

ただ。ただね。

探すのは、「自分」じゃないよ。

自分を探そうと思っても、何も見つからないよ。

それはブログで井上さんも言ってるけど。

私が思うに、探しに行くのは自分じゃなくて

自分の本音。

自分の感覚。

自分が何を好きで、何が嫌いで

何がしたくて、何がしたくなくて

何に心を震わされ、何を心地よいと感じ

誰に会いたくなって、どこに戻りたくなるのか

誰もいない、どこもなかったとしたら

どんな人が好きで、どんな場所にいたいのか

自分が本当にほしいものはなんなのか

もし、なんでもできる、どこでも行けるとしたら

自分はどうしたいのか

本当に探したいのは自分じゃなくて

そういうことなんじゃないかなと。思うのです。

それまで、~しなきゃ、~しちゃダメ

~すべき、~であるべきとか

周りや自分自身から感じるそういうノイズが煩すぎて

聞き取れなかった自分の本当の声を聴く。

そのために、できるのなら無駄な旅に出るのも

悪くはないなと思うんです。

いつだって、誰にだってできることではないですから。

嫁と息子がいて貯金0だけど、自分探しの旅に出ますとか

いやいや、別なもの探せよ、と思うし。

できるなら、行ったっていいと思います。

行って、いつもはしないことしてみたり

会ったことないような人に会ってみたり

いつもはすることをやめてみたり

やっちゃいけないと思っていたことを、ちっちゃいことも大きいことも

片っ端からやってみたりね。

せっかく探しに行くなら

見つかるものを探しに行ってください。

そして、ちゃんと見つけて来てください。

少なくとも、「あった」のか「なかった」のか

わかるものにしてください。

もしくは、「自分探し」なんてそれらしく格好つけた旅なんかにしないで

いやもう、もやもやするんで一旦逃げます!とか

何もしない旅をしてきます!でいいんじゃないかと。

見つけたいものがはっきりすれば、旅じゃなくても見つかるとも思うけど

旅がいいんなら、それでいいと思う。

そしてすっきりして帰って来てくださいね~。

この記事を書いた人

緒川 奈央
なんで??が大好物の、頭でっかちへりくつ人間です。そこで競ったら、2歳児にも負けない。 彼らの神聖なる感性からは出てこない、世俗にまみれた大人が納得できる答えを、日々、模索中。そして仮説を立てて実験中です。