The following two tabs change content below.
中村 光信
マウンテン&ウォーターマンでありグラフィックデザイナー。 オヤジと呼ばれる歳になっても今なお自然を舞台に実践し続けているエクストリームな遊びと、 デザイナーとしての腕一本だけを武器に、好きなことで稼いで自分らしく生きていく、自称「エクストリームオヤジ」として世の迷えるオヤジ達をそそのかすような発信とゴキゲンなライフスタイルを実現する可能性をExploring!

こんにちは、エクストリームオヤジの中村です。

 

登山というスポーツは「生活」することを
その範疇に取り込んだ特殊なスポーツなので
山での行動で何を食べるかということは
かなり重要なファクタになると思います。

 

特にテントで何泊もするような長期の登山の場合は、
多くの食料を携行することになるので、
出来るだけ軽量でかつ行動する為のエネルギーや
栄養素を備えていなければいけません。

 

登山ライフを楽しくする為にアルコールや
お菓子、生ものなどを持っていく人も
多いと思います。

 

僕も昔、地元の名峰である白山に登る時に
鍋料理の材料一式を担ぎ上げたこともあり、
キャンプ時にそれはそれで楽しかったんですが、
登山のほとんどがクライミングや冬山になってからは、
計画の支障になるような無駄な食料は
一切持たなくなりました。

 

僕の考えでは、登山での食事や睡眠はすべて
山行計画の一部なので、そこだけアバウトに
なってしまうといったことはありません。

 

それで今回は、大して代わり映えもしませんが、
僕の定番の食料を紹介しましょう。

 


◎出発前の登山口で食べるものと携帯食


 

夜行で現地入りして登山口の駐車場などで
出発前の朝食を食べることが多いのですが、
大抵コンビニのおにぎり2つとカップラーメンです。

 

僕は朝早いと、パンのようなものは
のどに通り難いので必ず米を食べるようにします。

 

そして登り始める訳なんですが、
行動中は特に昼食を摂ることはなく
携帯食を随時食べるようにしています。

 

携帯食として僕が好んで食べるものは、
喉の乾きも軽減できるハイレモンというタブレット、
スニッカーズというチョコレート、
駄菓子で良く売っている「ソースかつ」という
薄っぺらい揚げたお菓子です。

 

特に「ソースかつ」は優れもので、
エネルギーに変換しやすい炭水化物と脂肪、
それにアミノ酸も摂取でき軽量で、
さらに味が濃くて嗜好性が高いので、
良く噛んで食べると満足感もあり必須です。

 

ちょっと重いですが、冬の登山ではウィダーinゼリーを
良く持っていったことがあります。

 

汗だくになった休憩時に半分凍ったウィダーinゼリーが
最高に美味いので病みつきになりました。

 


◎夕食は満足感もありエネルギーになるものを


 

夜間、特に冬場はテント外での調理はほぼ無理で、
出来るだけ燃料を節約し調理時間を短縮する
必要があるので、お湯で戻した2食分で1パックの
アルファ米とフリーズドライでよくある具沢山の汁物、
それと、以前はフリーズドライの納豆が売っていたので
アルファ米を戻すときに一緒に入れたりしてました。

 

アルファ米2食分は結構多いのですが、
大抵は全部食べてしまいます。

 

腹一杯食べてもアルファ米は消化がいいので、
次の日にもたれたりとかはほとんどありません。

 

疲労困憊して食欲が無く残ってしまった場合は
食べれるだけ食べて、残りは次の朝の朝食の
ラーメンに入れて食べます。

 

朝食のラーメンはカップラーメンではなく
袋メンを使います。

 

袋メンだとザックの中でつぶされて
粉々になっても問題なく食べれるのと、
非常時にコンロが無くてもそのまま
かじって食べることもできます。

 

あとは僕の場合インスタントコーヒーと
若い頃、単独で長期の縦走登山をやったときに
途中でビタミン不足で手足が痺れたことが
あったのでビタミン剤は必ず持っていきます。

 

登山を始めて間もない頃は、
泊まりの山行でどんな食料を持っていくか
かなり迷うのではないかと思いますが、
僕の経験からすると、アルファ米と
スリーズドライの汁物のおかずは軽量で
満足感もあり、かなりおススメです。

 

それと、事前の食料計画と
行動中の食料管理はしっかりと行い、
携帯食は予備食としてやや多めに携行することも
忘れないようにしましょう。

===================================

生活に流され埋没しそうになりながらも、
「こんなはずじゃない!」と心密かに思っているオヤジたち!

エクストリームでゴキゲンな生き方を教えようかと思うんだけど、どう?

今すぐ登録(無料)→ https://canyon-ex.jp/fx18530/nakamura

この記事を書いた人

中村 光信
中村 光信
マウンテン&ウォーターマンでありグラフィックデザイナー。
オヤジと呼ばれる歳になっても今なお自然を舞台に実践し続けているエクストリームな遊びと、 デザイナーとしての腕一本だけを武器に、好きなことで稼いで自分らしく生きていく、自称「エクストリームオヤジ」として世の迷えるオヤジ達をそそのかすような発信とゴキゲンなライフスタイルを実現する可能性をExploring!