The following two tabs change content below.
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」 人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?

英会話を上達するうえで必須なのがモチベーションを上げることです。

482a08645376a4350245ff12a1c28501_s

英会話を始めたいと思ったきっかけは何でしょうか?
私の場合、仕事がきっかけでしたが、
おかげさまで、外国の人と話すのが楽しくなりました。

聞き取れなく、伝えきれなく困った場面はいくらでもありますが、人間って不思議ですね。

通じ合うものなのですね。

以前、ドイツの田舎町
駅の英語 “station”がわからないおじいちゃんに道を訪ねました。
私はカタコトの英語、おじいちゃんはドイツ語で会話スタート♪

2,3分後・・・不思議ですね。
ちゃんと私の目的は達成できるし、おじいちゃんの笑顔も可愛かったです。

b4ddc9d619de245c3d4918208ce0287f_s

ちなみにドイツ語で駅は“Bahnhof(バーンホーフ)、
中央駅は“Hauptbahnhof(ハウプトバーンホーフ)といいます。

さて、こういう経験をするとまた、海外に行きたくなります。
まだ、海外に行かれたことのないあたなもこの記事を読んでいるということはすくなくとも

 

「マチュピチュに行きたい!」
「ハワイへ行きたい!」
「ラスベガスに行きたい!」

5ac290ab204b88548c89bb5d7366123d_s

という夢をお持ちですよね。

 

その夢を持ち続け、モチベーションを維持することが英会話を上達するための近道です。

 

しっかり、モチベーションを維持して欲しいのですが、
ここでよく勘違いするのがモチベーションとテンションの違いです。

この違いを知らないと、英会話の上達にはつながりません。

私もよく混同してしまいまが、モチベーションとテンションは違うものです。

簡単に言うと

・モチベーションは、自分がこうしたいと心の底から願った状態で、長期的なもの。

・テンションは、気合をいれた状態で、周りの状況や体調に左右され、短期的なもの。

と私は理解しています。

海外旅行から日本に戻ってきた時、思いますよね。

「もっと話したい。話せるようになりたい!」と。

これはテンションです。

テンションは短期的なものであり、周りの環境に左右されますので、
そのテンションをキープするのは1,2週間が限界です
いつもの正確に気づけばどっぷりつかり、忘れてしまいます。

 

最近は大阪、京都にも行くと、たくさんの外国人がいます。
迷っている人を助けたり、逆に道を聞かれたりします。

 

そして、「何言っているんだろう?」とか「もっと詳しく教えたかった」
とか思ってしまいます。

そしてまた、
「もっと話したい。話せるようになりたい!」と。

 

 

テンションですね。
1,2週間後にいつもの状態に戻ります。

 

テンションは大事ですが、テンションだけでは英会話を維持するのは非常に難しいです。

 

では、どうすればよいかというと、もうおわかりですね。

 

 

モチベーションを上げることです。

私の場合、モチベーションを上げる1つに
夢マップを作り、見えるところに置いております。

夢マップの作り方は、別の記事にてお伝えしたいと思いますが、
いつも目につくリビングの壁に貼っています。

朝起きた時、家に帰ってきた時、仕事につかれた時、
どんな時でも目に入ってきます。

そうすることにより、自然とモチベーションをキープすることができます。

朝起きて、行きたい国が目に飛び込んできたら気持ちいい!!

47364a3791d4c70d85f4e7b80cc38e2e_m

最高の朝です。

あなたもどうぞ!

 

この記事を書いた人

加藤 のりふみ
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」
人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?