The following two tabs change content below.
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」 人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?

実家で写真のような湯のみ茶碗を見つけた。

後ろを見ると

If you want to live in MOOMINVALLEY, just think about it and you’re there

と書かれていた。

それを見て「ムーミン谷にもいくぞ!」と思った。

10年前くらいに仕事でフィンランドの南の街に行ったことある。

街の名前は忘れたが、かなり田舎だった。ヘルシンキではなかったはず・・・。

大自然を目の当たりにして、自分の悩みなんてちっぽけだなぁ!

と思ったことだけ覚えている。

あと、サウナに入り、”寒っ!”と思った記憶はある。

(本当のサウナは実は最初さむい(^^ゞ)

 

 

いままでで一番ムーミン谷に近づいた瞬断だった。

でも、その時思ったことは、

「ムーミン谷に行きたいな~

d876e12aac75f41023ef00d2fcd84808_s

行けない前提の発言だった・・・・

確かに、その時は緊急の仕事でそれどころではなかったが、この「~行きたいな」という考え方は、いまでは、「いくぞ!」に変わっている自分がいた。

本当に行きたかったら、どうすれば行けるのか考え、行動すれば良い。

ただ、それだけ・・・。

でも、それが今まで出来なかった。

というより多くの人はそういう考え方しかできない。

それが非常に残念に最近思う。

最近、友達と話していても、マイナス発言に違和感を覚え始めた。

「自分の意思はないのか!」

と思ってしまう。

そう考えると、周りに人にくらべて前進している自分がいる。

さて、次は、

具体的にどうすれば行けるのか、考えて行動あるのみ!

ワクワク感があるので、ポジティブな思考は楽しい。

ということで、さっそく家族全員分のパスポートをとっちゃおう!

そう考えている自分が楽しい♪♪

 

ムーミン谷興味のあるあなた、一緒に行こう!!

141318090fc7a3107e122d5ac46eecb5_s

 

家族との時間を作るのに集中したら世界が変わったファミリータイムマネージャーより。

 

 

この記事を書いた人

加藤 のりふみ
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」
人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?