The following two tabs change content below.
中村 光信
マウンテン&ウォーターマンでありグラフィックデザイナー。 オヤジと呼ばれる歳になっても今なお自然を舞台に実践し続けているエクストリームな遊びと、 デザイナーとしての腕一本だけを武器に、好きなことで稼いで自分らしく生きていく、自称「エクストリームオヤジ」として世の迷えるオヤジ達をそそのかすような発信とゴキゲンなライフスタイルを実現する可能性をExploring!

こんにちは、エクストリームオヤジの中村です。

 

登山を始めたばかりのビギナーの
憧れであり1つの目標であるのが、
何日もかけて3000メートル級の山々を踏破する
長期縦走登山でなのではないでしょうか。

 

長期縦走登山では小屋やテントで連泊しての
登山となる訳ですが、当然、装備や食料も多くなり、
大きいザックにかなりの重さの荷物を詰めて
長時間背負うことになります。

 

もちろんそれらを背負って行動する
体力は必須となりますが、
荷物の担ぎ方や歩き方などを工夫すれば
疲れを軽減することが出来、
快適な長期縦走登山を行うことが出来ます。

 

そこで今回は、僕の経験に基づいた
長期縦走登山での重い荷物の
背負い方と歩き方について
3つのポイントをご紹介したいと思います。

 


1、荷物の詰め方は命が関わるほど大事


大型ザックイメージ

長期縦走登山でザックの荷物の詰め方が悪いと、
行動中の無駄な疲労に繋がるだけでなく、
歩行バランスを崩し、最悪、
転倒や滑落を引き起こす危険があります。

 

荷物はまず軽いものを(シュラフ、テント等)下部に、
重いもの(食料、コンロ、水ポリ等)は
真ん中からやや上部辺りに位置するように
パッキングしましょう。

 

最上部はレインウエアやタオル、携帯食など
すぐに取り出したいものを入れると良いです。

 

そして重いものはさらにザックの内側、
自分の背中側に出来るだけ近い位置に入れると
ザックを背負ったときのバランスが
とても良くなると思います。

 


2、ザックの各アジャスターは苦痛をミニマムに


大型ザック腰ベルトイメージ

長期縦走登山に使用するような中・大型の
ザックは必ず胸、肩、腰などの位置に調節用の
アジャスターが装備されています。

 

これらをしっかりと調節することにより
背負っているときの体感重量や疲労、苦痛の
大幅な軽減を実現することが出来ます。

 

特に重要な部位は腰ベルトです。

 

大抵の場合は分厚いパッドが装着されていますが、
このパッドで自分の腰骨を包み込むような感じで
腰ベルトのストラップをやや苦しいくらいに
しっかりと締め付けましょう。

 

大きいザックは肩で背負うというよりも、
腰で背負うような感覚を持ったほうがいいです。

 

もちろん肩のベルトもしっかり締め込んで、
胸に付いている左右の肩ベルトをつなぐ
ストラップもしっかり締めましょう。

 

あとは、ザックの雨蓋を自分の頭に
引き寄せるためのベルトも必ず付いていますが、
これも目一杯締め込んでください。

 

これらの調節は背負う毎ごとに必ず行ってください。

大型ザック肩ベルト周りイメージ

 


3、重い荷物を背負って歩く鉄板歩行(休憩)法


 

1、2で述べたことを行えばかなり楽に
重い荷物を背負って行動することが
出来るようになると思いますが、
もう一つ歩き方(休憩)にもコツがあります。

 

それは、出来るだけ短いスパンで休憩を
挟むようにするということです。

 

例えば通常2時間行動して30分休憩するところを、
1時間行動して15分休憩し、短い間の休憩でも
必ず荷物を一旦おろすようにしましょう。

 

かなりの重荷の場合は30分行動の10分休憩とか
さらにこまめに休憩を取るということです。

 

これは、山小屋に荷物を担ぎ上げるボッカの方や
ネパールのポーターたちの荷物の運び方を見て
学んだ歩き方です。

 

実際に僕も30キロ以上の装備を担いで
山に入ることが度々あり、
その歩行法を使っていましたが、
目的地到着時の疲労度がかなり違いました。

 

いかがですか?

 

聞けば何てことないことかもしれませんが、
これらのことをちゃんと実践すれば、
かなり快適で充実した長期山行を行うことが
出来るのではないでしょうか。

===================================

生活に流され埋没しそうになりながらも、
「こんなはずじゃない!」と心密かに思っているオヤジたち!

エクストリームでゴキゲンな生き方を教えようかと思うんだけど、どう?

今すぐ登録(無料)→ https://canyon-ex.jp/fx18530/nakamura

この記事を書いた人

中村 光信
中村 光信
マウンテン&ウォーターマンでありグラフィックデザイナー。
オヤジと呼ばれる歳になっても今なお自然を舞台に実践し続けているエクストリームな遊びと、 デザイナーとしての腕一本だけを武器に、好きなことで稼いで自分らしく生きていく、自称「エクストリームオヤジ」として世の迷えるオヤジ達をそそのかすような発信とゴキゲンなライフスタイルを実現する可能性をExploring!