The following two tabs change content below.
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」 人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?

「お父さん、ボルト見た!!凄く速かった!!」
朝の子供の第一声。!!

そう、ウサイン・ボルト 4連覇!!10個目の金メダル。

2015-08-27 22.22.49

おめでとう!
やっぱりすごい!

今朝もニュースで何度も何度も取り上げられていたが、
あの迫力、絶対的な自信。見習いたい!!

それにしても今回は世界陸上を良くみている。
理由は、かんたん、娘がずっと世界陸上をみているから・・・。

いつもは、録画した同じアニメを繰り返し繰り返し見ている子が、急に世界陸上にハマった。夕方から寝るまでずっと見ている。

「急にどうしたの?」と聞くと、
「みんな速いから!速く走りたいから!」

夏休みが終わり、新しい学期が始まった娘たち。
上の子はもう運動会のことが気になる様子。

足は遅い方ではないが、必ず1位がとれるほど速くない。
でも、今年は絶対に1位を取りたいとのこと。

先日のピアノ発表会のあと、
「みんなよりもっとうまくなりたい!」と悔しがり突然泣きだした娘。
何かを自分で感じている。

そして、運動会で1位を取るために、
ずっとボルトの走りをインプット。
この集中力がすこい。

これまでも、何か興味があったり、
直感で気になる人がいたらまずはインプット。

上の子はインプットが完全に終わらないと行動に出ない完全インプットタイプ。
そして、そのやり方で結果を出してきている。

本当に、ずっと、じっと観察・・・。

「早く行動すれば?」と思ってしまう私。

でも、娘は自分の成功法をすでに知っている。
だからブレない。

本当に子供からいろんなことを教えてもらっています。

一方で、いろんなノウハウが飛び交っているこの世の中。
情報を収集するのは良いが、自分の柱がブレたら意味が無い。

自分の柱に必要な情報が何かを見定めなければならない。

我々も子供の事を思い出し、素直に成功した時の事を思い出し、
その時、何をしたかを思い出す必要があると感じた。

この週末、じっくり自分の過去の成功体験を思い出してみよう!
家族との時間を作るのに集中したら世界が変わったファミリータイムマネージャーより

この記事を書いた人

加藤 のりふみ
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」
人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?