The following two tabs change content below.
中村 光信
マウンテン&ウォーターマンでありグラフィックデザイナー。 オヤジと呼ばれる歳になっても今なお自然を舞台に実践し続けているエクストリームな遊びと、 デザイナーとしての腕一本だけを武器に、好きなことで稼いで自分らしく生きていく、自称「エクストリームオヤジ」として世の迷えるオヤジ達をそそのかすような発信とゴキゲンなライフスタイルを実現する可能性をExploring!

 

こんにちは、エクストリームオヤジの中村です。

登山を始めるにあたって、一番最初に揃えるべき道具がいくつかあると思います。
その中でも登山靴は快適な登山をするうえで、自分の身体の一部のように機能してくれないと困る重要な道具と言えます。

しかし、いざアウトドアショップへ行っても、あまりにも多い靴の種類にどれをチョイスすればよいかが分からなくなることがほとんどだと思います。

多くの登山を経験している人なら、自分なりのチョイスの基準は出てくると思いますが、ビギナーの人はその判断基準がないので迷うのは当然です。アウトドアショップのスタッフに相談するのも良いとは思いますが、売りたい靴を薦めてくる可能性も考えられます。

 

そこで今回は、ビギナーの人が最初に手に入れるべき1足の3つの条件を私の経験からお教えしたいと思います。

 


1.まずは登山靴の形状と素材をチェック


登山靴には目的に合わせて形状や素材の組み合わせがいくつかありますが、形状は足首まで覆うブーツタイプのものを選びましょう。

足首までサポートされていないローカットのものは足首が安定せず、岩がゴロゴロしているところではとても疲れるし、足首を捻って怪我する危険性があります。素材はオール革製か革とナイロンのハイブリッドで出来ればゴアテックスブーティの防水型がいいです。

特にオール革製は手入れさえしっかりすればとても長持ちし、山で壊れる可能性が低いです。

 

登山靴の種類イメージ

私は用途に合わせて大まかに3種類を使い分けていますが、最初はオールラウンドな1足を選びましょう。

 


2.登山靴の靴底のメーカーをチェック


靴メーカーによっては、オリジナルの靴底を使用しているところも最近は増えてきていますが、一番最初は「ビブラム」社製の靴底を使用している靴を選ぶようにしましょう。

ビブラム社は「登山靴の靴底イコールビブラム」というほど信頼度が高い靴底を作っています。ビブラムの靴底は、土踏まずの部分に黄色い枠で「Vibram」と記載されているのですぐに判断することができます。

靴底の固さは、一見歩き難そうですが、固めのほうが足の裏が疲れ難いです。

 

靴底のメーカーをチェックイメージ

靴底に黄色いラベルが付いています。

 


3.登山靴は試し履きをしてフィット感を確認


1、2をクリアできても実際に履いてみてフィット感を確認することが重要です。

ちゃんとしたショップなら試し履き用の靴下が用意してあると思うので、それを着用して履いてみましょう。出来ることならしばらく履きっぱなしで店内を少し歩き回ってみるといいです。

サイズや足の幅、甲の高さなどに違和感が無いか慎重に見極めましょう。

私の経験からすると、サイズはかかとに手の指が入る程度、幅は緩すぎずキツ過ぎず、特に甲の圧迫感が強すぎると寒いときなど、足に血が通わず最悪の場合、凍傷にかかる可能性があります。

それ以外にも足が痛くて歩けなくなることもあるので、フィット感は慎重にチェックしましょう。

 

以上の3つをクリアできていれば、あとはどこのメーカーでもまず大丈夫です。重さはそんなに気にする必要はありません。

ただ値段はそれなりになってくるかもしれませんが、登山が楽しくなるかどうかの分かれ道と言っても過言ではない買物なので、思い切って買っちゃいましょう!

 

この記事を書いた人

中村 光信
中村 光信
マウンテン&ウォーターマンでありグラフィックデザイナー。
オヤジと呼ばれる歳になっても今なお自然を舞台に実践し続けているエクストリームな遊びと、 デザイナーとしての腕一本だけを武器に、好きなことで稼いで自分らしく生きていく、自称「エクストリームオヤジ」として世の迷えるオヤジ達をそそのかすような発信とゴキゲンなライフスタイルを実現する可能性をExploring!