The following two tabs change content below.
堀田 なおや

堀田 なおや

1968年5月生まれ本業が服をきれいにするお仕事(クリーニング屋さん)なので洋服やファッション関係が大好きです。 日本伝統文化の和服にも携わっているので、ファッション、お手入れ/保管方法、発信しています。 「大切な服汚しちゃった」なんてあったらお気軽に聞いて下さい東京都在住 リアルビジネス経営者と同時にインターネットビジネスでもプレイヤー&アドバイザーとして活動中

大体の洋服には洗濯表示が付いています。

この洗濯表示には主に
《洗い方》《仕上げの仕方》《素材》《製造元の連絡先》
などの情報があります。

たぶん、洋服を購入する時に洗濯表示を見て買う人って少ないと思います。
大半の方はデザインや好きなブランド、金額などによって服を選んでいます。
ただ、これからはこの『洗濯表示』を確認して購入しないとエライことになります。

その例として、
表示画像
この洗濯表示の写真には
「洗濯については専門クリーニング店にご相談下さい」
と表示しています。

この洗濯表示の意味を詳しく説明する前に洗いと仕上げの現状を簡単に話しします。
今、この世の中に衣類を洗う方法は大きく分けて2種類しかありません。

一つは「水洗い」

そしてもう一つは
「ドライクリーニング」です。

そして、その衣類を仕上げる方法はアイロンやプレス機を使う方法があります。
そして、この洗濯表示の意味は

◯洗う方法はありません。
◯仕上げる方法もありません。

したがって、専門クリーニング業者へ相談して下さいと言っています。
洗うプロであるクリーニング師から言うとこの商品は「使い捨て」の洋服にあたります。
要は、手の施しようがない洋服となります。

そして、
こんな洋服が店頭に来たらお客様に確認をしますが
ほとんどのお客様は「洗えないなんて知らなかった」と言います。
今はこんな商品が出回っているのは何故かと言うと、
洋服を作る側が「売れる商品」「デザイン重視」などでクリーニングの事は、

ないがしろにされ作られている事が原因です。

挙げ句の果てにクリーニング専門店へ丸投げされています。

この場合、お客様に洋服が損傷する可能性の了承を得てから、
今までの経験の中で水洗いorドライの洗浄を施します。

問題なく仕上がる洋服もありますが、形状が変わる洋服もあります。
こんな商品が多少なりとも出回っていますので購入前の洗濯表示チェックはお忘れなく。

もし表示に掲載されている事で疑問な事がある時は売り場の方に質問してみて下さい。
(これから暖かくなる季節でチェックポイント)

夏に着る綿麻素材の洋服はこんな所をチェックして下さい。
汗をかく時季です。

汗の成分は水洗いしないと完全にきれいになりません。
夏時期の洋服が「水洗い出来ない」と表示されている事も多くありますのでチェックして購入して下さい。

堀田 なおや

この記事を書いた人

堀田 なおや
堀田 なおや
1968年5月生まれ本業が服をきれいにするお仕事(クリーニング屋さん)なので洋服やファッション関係が大好きです。 日本伝統文化の和服にも携わっているので、ファッション、お手入れ/保管方法、発信しています。 「大切な服汚しちゃった」なんてあったらお気軽に聞いて下さい東京都在住 リアルビジネス経営者と同時にインターネットビジネスでもプレイヤー&アドバイザーとして活動中