The following two tabs change content below.
チャーリー マツモト

チャーリー マツモト

イエーーーーーーーーーーイ☆ 人生は何事もシンプルですよね〜 難しく考えていませんか? シンプルが1番です。 舞台から広告業界のサラリーマンを経験し、人生を楽しむ為に毎日何が必要か模索中!すべてシンプルに上手くいっちゃいましょ!


「堀北真希も落ちた」有名女優と結婚する方法があります。

堀北真希さんに

40通の手紙攻撃して
山本耕史さんは、結婚できたそうです。

本当かい?

と思いますよね。

驚きましたね~

先日、女優の堀北真希さん(26)と
俳優の山本耕史さん(38)が結婚されましたね。

おめでたいです。

あんな美男美女で
どんなお子さんが産まれるんでしょうね~

興味ありますね~

それはおいといて。

ここにも、
ビジネスやコミニケーションの極意があると
思います。

なんだと思いますか?

それは、山本さんは、
最初、

堀北さんからは、
事務所の連絡先しか教えてもらえず

6年間の片思いから
ある舞台を共演し、稽古中に40通の手紙を渡し続けた。

6年間も片思いって、凄いですよね~
普通そんなに思ってられないです。

僕なら無理ですね~(笑)
嫁さんに怒られそうですけど・・・・

山本さんは、共演する舞台の稽古中、
手紙を出しても、出しても
連絡先さえもらえず、
でも出し続けた、それが約40通。

返事は1つもこなかった。

舞台の千秋楽に
山本さんは、電話番号を伝えることができたけど、
「もう終わりだな~」と思ったら、
堀北さんからLINEに着信があったとか・・・・

その結果、
「交際ではく、結婚しましょう」と
堀北さんのタイミングと

山本さんの思いが相乗効果となり、
交際期間ゼロで今回のゴールインになったそうです。

凄い執念というか、
人の想いは、必ず伝わるんですね。
山本さんは、

こんなデジタルな時代こそ、
手紙を書いて渡してみる。
その手段に気付きましたね。

というか、
たぶんコミケーションをとるには、
それしか無かったんですよね~
携帯やメルアドさらにLINEを知らなくても、
アナログな攻め方が、印象に残りますね。

それも約40通の手紙とは・・・・
頭が下がります。

山本さんの「片思い」の情熱がこもっていたのでしょうかね。
プライベートでもビジネスも、同じですね。

気付きましたか?
何かの価値を提供したい思いが、
相手を動かします。

今回、山本さんの強い思いと、
堀北さんの「結婚したい」というタイミングが
重なったので、この結果になったようです。

そのタイミングも大切です、
でも、今の時代、
デジタルばかりに眼がいってしまいますが、
デジタルよりアナログ的な手法が、
心に刺さる瞬間があります。

デジタルだから、簡単というのはある意味、
デジタル中毒になっていますね。

そりゃ、1度に何人もメールって送れちゃいますよね。

簡単、簡単・・・・
でも、でも、

よく考えてみてくださいね。

昔から、
お中元、暑中見舞い、年賀状、出会ったお礼はがき、
FAX
などなど・・・・
コミニケーションをとる手法はたくさんあります。
これは、無くなった訳ではありません。

昔、メールも何もなくて
手紙だけの時代は、

それしかなかったので、
新鮮さがなかったのかもしれませんが、
いまでは、手紙を送ることって凄く新鮮ですよね~

特に、お中元、お歳暮なんて、
今でも、有名百貨店などの売り上げをかなり占めてますからね。

手書き手紙を頂くと、
なんか「ほっこり」しますね。

この人は、いい人なんだろなぁ~って。

「ありがとうございます」と言いたくなります。
そして、「一生ついていきたい」
って思いますよね。

私はそう思います。

堀北真希さんは、
ファンレターや、沢山プレゼントも頂くはずです。
その中で、人生で大切な結婚ということを、
選ぶキッカケが、
山本耕史さんの思いが詰まった
「手紙」だったんだと思います。

みなさんも是非、
メールなどのデジタルでは
感じられない暖かさを届けてみると、
その暖かさを感じてくれる人は必ずいます。

是非、
電話やメールでは、伝えることが出来ない
この暖かさを、この機会に届けてみてはどうでしょうか?
あなたの存在する価値がぐんとあがりますよ~

間違いないです~

そうすれば、
ビジネスでもプライベートでも、大成功まちがいなし~

すべてシンプルですよね~

女優と結婚できるかもよ~

参考記事
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6171810

この記事を書いた人

チャーリー マツモト
チャーリー マツモト
イエーーーーーーーーーーイ☆ 人生は何事もシンプルですよね〜 難しく考えていませんか? シンプルが1番です。 舞台から広告業界のサラリーマンを経験し、人生を楽しむ為に毎日何が必要か模索中!すべてシンプルに上手くいっちゃいましょ!