The following two tabs change content below.
濱野 貴守

濱野 貴守

92年生まれ。 一文無しから夢と情熱とユーモアのみで自由な人生を手に入れた若手投資家兼、起業家。 人生の先行き見えない人達の希望の存在となるために旗をあげる。 新しい生き方を手にした同世代を集めて日本中に影響を与えていくという野望を抱く。

突然ですがあなたはお笑いコンビ、ペナルティーのワッキーの「おばけの救急車」というギャグをご存知でしょうか?

奇妙なダンスを始めた彼を止めに入った人が、

次々と感染してみんなで踊ってしまうというというアレです。

バラエティー番組ではよくあるノリですが、

僕は好きです。

知らない方はそれでも問題ありません。

今回これを紹介したいのではなく、実はこの似たような事象がゲリラ的に世界各地の街中で発生することがあるんです。

「一体何を言ってるんだ。」という方は、まずこちらの有名な動画をご覧ください。

この動画を観てどう感じましたか?

何これすごい!

街の秩序を汚すデモだ!

自分もやってみたい!

と様々な意見があると思います。

そしてすでに知ってる人も多いかもしれませんが、これを「フラッシュモブ」と言います。

フラッシュモブ: flash mob)とは、インターネット上や口コミで呼びかけた不特定多数の人々が申し合わせて雑踏の中の歩行者として通りすがりを装って公共の場に集まり前触れなく突如としてパフォーマンス(ダンスや演奏など)を行って周囲の関心を引きその目的を達成するとすぐに解散する行為

日本においても各地で開催されるようになってきており、社会性や規模、クオリティなどからその一例として、2012年12月24日羽田空港で行われた東北支援チャリティーイベント(指揮:山口健一)[10]や、2013年8月11日新宿で行われた世界平和コンサートへの道(指揮:柳澤寿男)[11][12]、2013年11月17日福岡で行われた800名の市民が参加した「福岡マラソンPR」の大型フラッシュモブ[13]などが挙げられる。引用-Wikipedia

このフラッシュモブ、日本ではプレゼントのツールとして、

結婚式やサプライズで定番になりつつあります。

そのひとつをご覧ください。

観ていてなんだか笑顔がほころんできませんか?

なんて素敵なんだと思います。

集団でひとつのものを創り上げるプラスのエネルギーが

画面を通して観ている側にも感動の感情を与えてくてます。

こんなプロポーズをされたら女性の答えが例えNOでもYESと答えてしまいますよね。

(仮にこの場でNOと言ったら現場が修羅場と化すのでやめてあげてください。)

こうゆうサービスをプロモーションやサプライズの手段として提供している企業がいくつもあるんです。

音楽やダンスは人の感情を豊かにできる大きなエネルギーを持っています。

だから音楽やダンスは世界中で文化として定着していて、

それにお祝いをしてもらう、もしくはお祝いをしてあげる喜びを掛け合わせることで

すごくハッピーな状態を生み出すことができるのだと思います。

世の中に様々な形で価値を提供することが事業の目的ですが、

このように人の喜びや幸福を増幅させるというサービスは本当に素敵だなと思います。

あなたはどうやって近くの存在、必要と感じている人を喜ばせてあげられますか?

そう考える人が増えればもっと世の中は素敵なもので溢れると僕は信じています。

この記事を書いた人

濱野 貴守
濱野 貴守
92年生まれ。 一文無しから夢と情熱とユーモアのみで自由な人生を手に入れた若手投資家兼、起業家。 人生の先行き見えない人達の希望の存在となるために旗をあげる。 新しい生き方を手にした同世代を集めて日本中に影響を与えていくという野望を抱く。