The following two tabs change content below.
北村 信樹
18歳から商売一筋で、勤めに行かず商売に明け暮れていました。 ですが、労働時間の長さがたたり過労で脳神経を患ってしまいまいました。 その時に左半身麻痺の後遺症が残ってしまって、貯金はないし、仕事もできない状態に陥ってしまいました。 なんとか生計を立てる為に、商売の合間にしていたバイナリーオプションという投資を研究しなんとか生計を立てれる様になり、今では投資で生活しあとの余った時間で、左半身麻痺のリハビリに励んでいます。
北村 信樹

最新記事 by 北村 信樹 (全て見る)

banner_b

勝負とは勝たなくてはいけません。

バイナリーオプションの取引でも

もちろん勝たなくてはいけません。

 

バイナリーオプションで勝つということは、

利益をあげていくということです。

 

その為には、日々の準備が必要になります。

その準備とは、どうしていけばいいのか??

 

それは、日常生活の中からもちろん取引前にも当然準備が必要です。

 

まずは日常生活においては、

3つの目を意識するということ

それに合わせて、3つのカンを養うこと

それは当然準備として必要な要素でしょう。

 

 

その他は、自分自身の考え方を勝利者としての考え方にすること!!

 

毎日バイナリーオプションで利益をだしている

自分ならどう行動するのかということを

常に意識しイメージしていくということです。

 

勝負の前の準備を、どのように組み立てていけばいいのか!?

という話をしていきましょう。

 

実践とデモを使って日々経験を積んでいく。

その過程で、しっかりチャートを選定すること。

チャートの選定で、必要な3つの目を使います!!

 

まずチャーとを観るというところは

鳥の目を使いチャートのトレンドの流れを掴んでいきます。

 

チャートの流れをざっくり捉えることができるようになると、

チャートの動きを魚の目を使い動きを捉えていく。

 

チャートの動きを考えながら虫の目でチャートのリズムを捉えていく!!!

 

これで、取引前の準備が整いました。

 

 

でも、大前提で3つの目が養われていなければどうにもなりません!!

 

その3つの目を養う準備をしていかなければいけないので、

3つの目を養う前に。

 

3つの目を養う準備には、3つのカンを養っていくということです。

 

まずは、1つ目のカン、観ることです

観るというのは、日ごろからチャートを観ることで

チャートからの情報を見て多くの情報を集めるということが肝心です。

 

観るということは、日ごろから沢山の情報をキャッチすることを意識していく、

ずっと意識することによって多くの情報が勝手に目に入るようになります。

 

多くの情報を観ることができれば、

2つ目のカン、感じるという所に繋がってきます。

 

日常生活においても沢山の情報が入ってきているというこを

意識してみてください。

日常生活を送っているだけで、

イラだったり、嬉しかったり、いろんな感情が湧くことでしょう。

 

チャートの情報でも同じことが言えます。

 

見て情報を得ると、どう動くのかということを感じれるようになります。

 

1つ目のカンと2つ目のカンで鳥の目と魚の目が養われていきます。

 

ですがもちろんすぐに身に付くものではありません。

 

経験が目とカンを養ってくれるのです。

 

そして最後のカン

これが勝負の準備で最後の難関でしょう。

勘が良いのカンですね。

第6感とも言うでしょう。

 

スピリチュアル的な感じな印象になってしまうかもしれませんが、

この裏付けに経験という大きな分析と体験と感情と情報が

しっかりついて来てはじめて最後の勘が養われてくるでしょう。

 

勝負の準備段階で、いきなり利益を出すというイメージより、

ジョジョにしっかり実力をつけていきましょう。

 

3つの目を養う:http://charisma.media/post/journal/business/49647.html

3つのカンを養う:http://charisma.media/post/journal/business/49664.html

banner_b

 

この記事を書いた人

北村 信樹
北村 信樹
18歳から商売一筋で、勤めに行かず商売に明け暮れていました。
ですが、労働時間の長さがたたり過労で脳神経を患ってしまいまいました。
その時に左半身麻痺の後遺症が残ってしまって、貯金はないし、仕事もできない状態に陥ってしまいました。
なんとか生計を立てる為に、商売の合間にしていたバイナリーオプションという投資を研究しなんとか生計を立てれる様になり、今では投資で生活しあとの余った時間で、左半身麻痺のリハビリに励んでいます。