The following two tabs change content below.
北村 信樹
18歳から商売一筋で、勤めに行かず商売に明け暮れていました。 ですが、労働時間の長さがたたり過労で脳神経を患ってしまいまいました。 その時に左半身麻痺の後遺症が残ってしまって、貯金はないし、仕事もできない状態に陥ってしまいました。 なんとか生計を立てる為に、商売の合間にしていたバイナリーオプションという投資を研究しなんとか生計を立てれる様になり、今では投資で生活しあとの余った時間で、左半身麻痺のリハビリに励んでいます。
北村 信樹

最新記事 by 北村 信樹 (全て見る)

banner_b

自分の幅って考えたことありますか?

自分の幅というものは、まあ器とも言えるかもしれませんが

自分の幅は、日常生活において構築されていきます。

 

日常的にどんなことを考えて

どんなことを意識して

どう行動しているかで

自分の幅というものが構築されています。

 

もちろん日常的に

バイナリーオプションの事を考えて

意識して行動していると思います。

 

どうやったら、利益がでるのか

チャートの選定方法はどうやっていけばいいのか

という事を常に意識することで

バイナリーオプションの知識が構築されていくことでしょう。

 

利益はすぐにはでない。

 

それは何故か

利益を出せるチャートの選定とエントリータイミングを意識的に

理解できていなせいかもしれません。

 

ストレスの中でトレードしてしまっているのかもしれません。

 

利益を出せる自分になるためには

自分の幅を広げていけなくてはいけないでしょう。

 

自分の幅をどう広げていけばいいのかという点ですが、

まず自分を知るということでしょうね。

自分を知るという事は、どうゆうことか

 

バイナリーオプションでは、

チャートの選定の基準がどこになるのか

エントリータイミングの計り方は

どこに基準を置いているのかというところでしょう。

 

日常生活の中で、イライラしない自分つくりはとても大切です。

 

いかに感情にさゆうされない自分をつくり取引に活かせていくのか

その基準というのが自分の幅になって利益に繋がっていきます。

 

自分の基準をしっかり持つということも

自分の幅を広げる基準値になっていくことでしょう。

 

あなたの大きな幅となり実力とともに知識とともに利益をあげていきましょう。

banner_b

この記事を書いた人

北村 信樹
北村 信樹
18歳から商売一筋で、勤めに行かず商売に明け暮れていました。
ですが、労働時間の長さがたたり過労で脳神経を患ってしまいまいました。
その時に左半身麻痺の後遺症が残ってしまって、貯金はないし、仕事もできない状態に陥ってしまいました。
なんとか生計を立てる為に、商売の合間にしていたバイナリーオプションという投資を研究しなんとか生計を立てれる様になり、今では投資で生活しあとの余った時間で、左半身麻痺のリハビリに励んでいます。