The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

トップオブセールスマン、本荘大和です。

 

セールスはいろんなタイプがあり

リアルで1対1でする場合もあれば、skype等オンラインでする場合もあれば

セミナー、ウェビナー、ステップメール等さまざまな方法論がある。

 

セールス経験がある人であればわかると思うが

どのセールス手法を用いるにしろ不安がつきまとう。

 

「果たして成約することができるのだろうか?」

という不安だ。

 

しかしその不安がクロージングの失敗を招く。

 


自分を洗脳しろ


まず一つ言えることがある。

あなたは「どうせ、上手くいくし、どうせ成約できる」

 

もしあなたに不安要素があればそれは確実に相手に伝わる。

自信がある人とそうでない人をあなたがすぐに見分けることができるように

相手も咄嗟にあなたを判断する。

 

だから「どうせ、上手くいくし、どうせ成約できる」と自己洗脳する必要がある。

自己洗脳することができたらあなたは無敵だ。

 

あなたはトップオブセールスマンだ。

 


相手が買う前提で話を進める


「どうせ、上手くいくし、どうせ成約できる」

つまり、「どうせ、相手は買うのだ」

だから、あなたは相手が買う前提で話を進めればいい。

 

買う前提で話を進めるわけだから

「いかがですか?」「絶対買ったほうがいいですよ」

なんてバカみたいな発言をする必要は一切ない。

なぜなら相手はどうせ買うからだ。

 


断ることは勇気がいる


人は通常の流れを変えることに大きなエネルギーを要する。

 

例えば、学校や仕事を休むときに連絡をいれるのに勇気がいるように。

これと同じように、相手は営業を断るにもなかなか勇気がいる。

だから、買う前提で話をすれば自然とゴールは買うことに結びつくわけだから

この流れを変える、つまり営業を断るには相当のエネルギーを要する。

 

だから相手が断わる選択肢を持ち出せないように、買う前提で話すのだ。

 

しかし、ここで「いかがですか?」などと買わない選択肢を与えるのは

自ら成約を失敗に招く行為だから決して行ってはいけない。

 


成約できるかどうかはすべてこちらのスタンス次第


成約できるからどうかはすべてこちらのスタンスで決まる。

「どうせ、成約できる」というスタンスでセールスに臨めば、どうせ成約できるし

「成約できるかなー、、」なんて不安なスタンスで臨めば、成約はできない。

だから、あなたはどうせ売れるんだから、その自分をつくりあげ、買う前提でセールスを進めればいい。

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。