The following two tabs change content below.
竹本理充
2017年1月サラリーマンを辞め、独立し、プーケットへ移住。情報発信オンラインサロンでは170名以上の生徒にコピーライティングを伝授。あだ名はたけぽん。人見知りで内気な友達0人コピーライター。たこ焼き大好き大阪の子。ニッチなジャンルの広告業界でコピーライターとして、約3年で30本以上のプロダクトローンチを成功させ、トータルでセールス商品を3000万円以上の売り上げ実績をもつ。オンラインサロン運営を中心に、エンタメからインターネットビジネスまで様々なジャンルの情報発信を行いながら、裏方では販売代行事業、プロモーション、LPのライティング制作に携わっている。気軽に「たけぽ〜ん」って呼んで下さい。

 

ども、プーぽんです。

 


人には向き不向きがある


まずは、全てのローンチの過程を経験することをお勧めするが、その中で自分が一番得意なことを一番力を入れればいいのです。全てにおいて得意になんてならなくていい。そう考えると自分の使命感がどこにあるのかが見えてくるはず。

好きなことを仕事にするためにインターネットビジネスを頑張っているのに、無理に嫌なことをする必要なんてない。自分が好きで得意なことを伸ばしていけばいい。人と話すことを仕事にしたいなら、インターネットのレバレッジを利用して集客し、対面で商品を売ればいいんですよ。やり方なんて人それぞれだし、全てはやってみないと分かりません。

 


だからこそ行動してほしい


行動することでしか発見はありません。行動することでしか成長はありえません。それはコピーライティングも同じです。日々続けるから成長し上手くなるんです。分厚い本だけで知識や小手先を覚えたところで、腑に落として自身の武器にできるほど、コピーは簡単ではないです。だからこそ僕はあなたに、「続ける」ことの重要さを伝えたいのです。

y8nwndn5494-clem-onojeghuo

 


でも続けるコトができない人が多い


だから「目標」を決めようよ。って話。

目標さえあれば嫌でもやれるし、第三者にコミットさえすれば嫌でもやらなけらばいけません。そのようにすれば、「続けるコト」が普通になるし、続ければ成長は100パーします。

じゃぁ、楽しくなるでしょ!絶対。

僕はあなたに、コピーの知識はいくらでも教えられます。でもそれって結局は知識でしかないし、実践してもらわなければ腑に落とすコトは絶対にできません。自ら挑戦して行動して何度も何度も失敗を繰り返してやっと、自然とLPレターが書けるようになるレベルになるのです。

僕自身、コピーライティングができるのは、別に才能があるわけでも、能力が高いからでも、国語が誰よりも得意だからでもありません。

僕が一般の方より少しコピーライティングができる理由は、自らいろんなことに挑戦し何度も失敗して、場数を鬼のように踏みまくっているからです。本当にただそれだけ。それでも未だに難しいと日々思うくらいコピーライティングはめちゃくちゃ難しいです。

apgnsr9a5qm-daniel-tong

 


量をこなすことが大事


ライティングの上達は量をこなすことでしか上手くはなりません。よほどの才能がある人でも、経験量が多き人にはやはり勝てません。それくらい「量を」こなすことが一番大事なのです。

単純な話、短期間で結果を得たい人は、続けることだけにフォーカすればいいんですよ。と考えると簡単でしょ?

でも、それができない人が多いからこそ、目標に向けてコピーライティングを学べる環境を僕が用意したまでです。

 


インターネットビジネスに関するアンケート結果


以前、インターネットビジネスにおいて「やりたいこと」「悩んでいること」に関するアンケートを取りました。その中で、「集客LPが欲しい」という人がアンケート結果の中で95パーセントを占めていました。

じゃぁ、さっさと作ろうよ。

それが自分でできないのなら僕が導きますよ、って話。で、そこにお金を投資できない人に対して僕は、「な〜んだ本気じゃないじゃん、口だけかよ」と、思っちゃいます。

要するに、「欲しい・やりたい・稼ぎたい」という空論はペラペラ述べるのに、厳しい現状・状況からは逃げるんですよ。

 


本当に本気なの?本当にやりたいの?


何かを得るためには、あなたは価値交換する必要があることを強くお伝えしておきます。それは別に僕だけに限らずです。綺麗ごとで夢・目標の達成はありえません。泥臭く、ひたむきに向き合うことでしか達成はありえないですよ。泥臭い自分をさらけだし、コミットし、フォーカスし、行動を続けるからこそ、その先に喜びがあるのです。

zgnkgcghcyu-jason-edwards

 


もっとシンプルに考えましょう


定義し、関心を高め、距離を縮め、関係性を作り、必要としている(問題を解決したい)人に最大の価値を提示する。シンプルにお伝えすると、これがDRMです。この1枚のストーリーをあえて分解して、人の購買意欲を高める手法が、いわゆる「プロダクトローンチ」と言われる手法です。

セールス(相手が必要なものを購入してもらう)の確率性を上げるために、教育があり、その必要としている人を探すのが、集客。これをWEB上で完結させるために、「伝える技術」=「コピーライティング」という手法が必要なだけ。

 


あなたが今するべきこと


それは、セールスを行うために、あなたの価値を必要としている人を探すことです。

その入り口が集客LPであり、それを作りたいなら、まずはあなたという人間を万人に認知してもらうための情報発信を始めることが絶対に必要です。

あなたは発信することで自分のファンと出会うことができます。そのファンをコアにするコンテンツを提供することで信頼を生みます。その信頼こそが、見込み顧客という本質を作り出し、本当意味での集客という名に変換されます。

そこからあなたの想いや、ビジョンや、価値を啓蒙し続けることで、見込み顧客の本当の問題に気付くことができるようになります。

じゃあ、あとは、その問題を解決するための商品を提示してあげればいいのです。

1ae4kpy-qc-freestocks-org

 


DRMをもっとシンプルに考えよう


DRMは、相手の問題に気づいて、与えて、聞いて、与えて、伝える。

DRMを身に付けたい人がアンケート内で50パーセントもいましたが、難しく考えすぎです。シンプルに考えると、そんなに難しいことではありません。

あなたができることをブランドにして、そのブランドを認知してもらい、興味を抱いてもらい、コミュニケーションし、気づいてあげ、その問題解決となるコンテンツを与えるんです。そこに無料と有料の差をつけたいのなら、あなたの時間を有料にすればいいのです。何故なら、時間こそが、お金に変えられないこの世の最大価値だからです。

この記事を書いた人

竹本理充
竹本理充
2017年1月サラリーマンを辞め、独立し、プーケットへ移住。情報発信オンラインサロンでは170名以上の生徒にコピーライティングを伝授。あだ名はたけぽん。人見知りで内気な友達0人コピーライター。たこ焼き大好き大阪の子。ニッチなジャンルの広告業界でコピーライターとして、約3年で30本以上のプロダクトローンチを成功させ、トータルでセールス商品を3000万円以上の売り上げ実績をもつ。オンラインサロン運営を中心に、エンタメからインターネットビジネスまで様々なジャンルの情報発信を行いながら、裏方では販売代行事業、プロモーション、LPのライティング制作に携わっている。気軽に「たけぽ〜ん」って呼んで下さい。