The following two tabs change content below.
島津 啓史

島津 啓史

ネット集客専門会社㈱Smooz代表取締役 早稲田大学理工学部卒業後、2012年アマゾンジャパン株式会社へ新卒1期生として入社。 個人でのインターネットマーケティングの面白さと可能性に惹かれ、2014年より小西玲太朗/大森寛之の元へ師事。個人事業主向けのコンサルティングサービスで500人の生徒を受け持つ傍ら、個人としても4000万を越える売上を記録。2015年に独立し、インターネット生放送事業の立ち上げや500人規模のコミュニティの運営、並びにマーケティングの指導を行ってきた。2017年2月より現職。

どうも、ネット集客専門会社㈱Smoozの島津です。

今日は、まさに僕らSmoozが理想としている集客の形を実践している、とても良い例が紹介された記事があったので、まず最初に次の記事をチェックしてみて欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

もはや集客という言葉すら死語になりつつある


ソーシャルメディアの破壊的集客力


読んでいただけたらわかると思いますが、ソーシャルメディアでの発信がもたらすパワーってやっぱりスゴい

いつもいつも、

「発信て大事だよなぁ!」

「継続しなきゃなぁ!」

頭ではわかっているけれど、中々続けられない人がほとんど。

かくいう僕も人のこと言えないので、鋭利なものでチクチク突き刺されるくらい、読んでて身が引き締まるような記事だったので、僕がこの美容師に感化されて、ソーシャルメディア集客について感じたことを、この記事にまとめてシェアしておきます。


何やっているかすら不明な人


4uojmedcwi8-tim-bogdanovこの記事の中でも特に引っかかったのはこの言葉^^;

”日々発信していない人って正直、もはや何やってるかすら不明な人になっちゃうんです。”

最近では、友人の引越しや遊びの近況をFacebookInstagramで知るようなことも多い。

一応僕もインフルエンサーの端くれとして、LINE@やメルマガ、Facebookで発信しているわけですが、読者さんや、友達になっている人から、昔に投稿した記事とかの話をピックアップされて、実際に会った時の会話のネタになったりする。

良く、「あなたが思っているほど、周りはあなたのこと気にしていない」と言われているけれど、発信したらしたで、案外観られているものだ。

全部の投稿を一字一句観てくれているわけじゃないにしても、フォロワーの脳裏には必ずうっすらと、あなたの発信の記憶が潜在意識に刻み込まれている。少なくともあなたの存在や印象は焼き付いていく。

反対に全く発信していなければ、考えも印象も誰の脳裏にも残らない。

結局、”あの人何考えているのかわからないし、何をやっているのかもわからない”状態なので、「信頼関係」以前のお話になってしまう。

当然、その人達からいきなり何かに誘われたりしても、ブロックがかかってしまうでしょう。


ソーシャルメディア集客の本質


dfmmzzi3rmg-william-iven近年のソーシャルメディアの普及と共に

Facebook集客術」

LINE@集客術」

Instagram集客術」

等々、色んなノウハウが次から次へと登場しているけれど、ソーシャルメディアでの集客はそんな小手先レベルのものでどうこうなる話ではないし、実際、ソーシャルメディア集客で成果を出している人は、その本質を正しく理解している人が結局上手くいっている。

”日々発信を継続し、そこで通じた人と仲良くなって、普通に友達とコミニケーション取るように、SNS上でコミニケーションしていく。その過程で相手が自分に興味を持ってくれて、好きになってくれて、「髪切ってるんだって?じゃあ俺も今度行ってみていい?」ってなるのが本筋。”

と記事にあったけれど、”これこそ、まさに!!!”な部分で、ソーシャルメディアを活用した集客のあるべき姿です。

「集客」って固い言葉にとらわれすぎていると、その誘導先ばかりに目がいってしまいがちだけど、ソーシャルメディアは「人と人との繋がり」のメディアだということを忘れてはいけない。

だからまずは、「相手が自分自身に興味を持ってくれていること」が前提条件になってくる。


集客においても信頼関係が大事


70205_0018実際僕も去年、自身のオンラインサロンを立ち上げた時に、Facebookで数日間告知しただけだけど、数十人の人が集まってくれた。そして、その殆どは、直接コミュニケーションをとっていた方や、何かしら僕の発信にリアクションをしてくれている人達だった。

もちろん、その時は僕なりに集客戦略も考えて、ライティング等も全部自分でやっていたけれど、実際のところ、普段からのコミュニケーションで、信頼関係が構築されていたからこそ、集客が上手くいったと言える。

集客のオファーをする際に、人の目を惹くためのブランディングを施して、コピーライティングやデザインに力を入れれば、確かに集客の数や率は良くなるかもしれない。

けれども本質に立ち返ると、信頼関係こそが最強な要素になってくるし、一発屋ではない継続的な集客が見込めます。信頼関係構築は何もセールスの部分に限った話ではないわけです。

これから「集客」を頑張ろうという方は今一度ソーシャルメディアでの「発信」の可能性に再度目を向けて、集客の基礎体力を身につけるためにも、今日から情報発信による信頼関係構築を始められてみてはいかがでしょうか?

僕も今まで以上に意識して取り組んでみます^^

この記事を書いた人

島津 啓史
島津 啓史
ネット集客専門会社㈱Smooz代表取締役
早稲田大学理工学部卒業後、2012年アマゾンジャパン株式会社へ新卒1期生として入社。
個人でのインターネットマーケティングの面白さと可能性に惹かれ、2014年より小西玲太朗/大森寛之の元へ師事。個人事業主向けのコンサルティングサービスで500人の生徒を受け持つ傍ら、個人としても4000万を越える売上を記録。2015年に独立し、インターネット生放送事業の立ち上げや500人規模のコミュニティの運営、並びにマーケティングの指導を行ってきた。2017年2月より現職。