The following two tabs change content below.
島津 啓史

島津 啓史

ネット集客専門会社㈱Smooz代表取締役 早稲田大学理工学部卒業後、2012年アマゾンジャパン株式会社へ新卒1期生として入社。 個人でのインターネットマーケティングの面白さと可能性に惹かれ、2014年より小西玲太朗/大森寛之の元へ師事。個人事業主向けのコンサルティングサービスで500人の生徒を受け持つ傍ら、個人としても4000万を越える売上を記録。2015年に独立し、インターネット生放送事業の立ち上げや500人規模のコミュニティの運営、並びにマーケティングの指導を行ってきた。2017年2月より現職。

インターネットで集客しよう!

と思いたったのは良いけれど、一体どうしたら?

ということで、色々調べてみたのは良いけれど、
ブログやSNS、リスティング等、やり方が沢山あったり、
SEOだのPPCだの、次から次へと難しい単語が出てきて、挫折した

という方は多いんじゃないでしょうか?

正直言って、それでは根気が足りないし、絶対うまくいくわけないよなぁと感じてしまうんですが、

単純に難しいとか大変だという話しではなく、
そもそも「集客」の手法を考える以前の問題だったりします。

「集客」は一番労力もお金も時間も掛かるところですから、しっかり考えて行動していきたいですよね。

というわけで本記事では、
ネット集客をする際に最初に固めておくべき要素
についてまとめておきます。


1.集客先の定義


fb7ynpbt0l8-mathyas-kurmannひとえに集客したい!と言っても
着地先のパターンは星の数ほど存在します。

  • メールアドレスを登録させたい
  • LINE@に登録させたい
  • Facebookページの「いいね!」を増やしたい
  • セミナーに来場させたい
  • 記事にアクセスを集めたい
  • Facebookグループに集めたい

まずは集客のゴールがどこにあるのか?

これがわからないことには、自分で集客するにも、
他社(人)に任せるにも事が始まりません。

メールドレスの登録までを担当して
セミナーまで誘導するのは自分でやるのか
それともセミナー集客までまるっと任せるのか

そこの線引きやコンバージョン(成約)の難易度によって
広告費も変化してくるし、施策も変わってきます。

ですので、まずは具体的に、
「ここまで誘導できたらOK!」
と言える、集客のゴール(着地先)を明確に決めておきましょう。


2.ターゲットの定義


tygoomvu0ha-jason-briscoeゴールが決まったら、次はターゲット。

つまり、「どんな人達を集めれば良いか?」

この定義を明確にしておく必要があります。

中高年向けの健康食品を売りたいと思っているのに
Twitterで若者向けに集客を仕掛けるような
愚かなことをしている時間も費やすお金は無いはずです。

LINEが良いらしいよ!」

Instagramが良いらしいよ!」

という、手法の宣伝に踊らされることなく、
あくまでお客様を起点に考えて
その人の顔がイメージできるくらい具体的に
ターゲットの特徴を捉えておきましょう。


3.ボリュームの定義


uf-c4u1usfq-tim-evans一体どれくらいの人数を集めれば良いのか?

これも最初に目標値を決めておくと良いでしょう。

もちろん沢山集めるに越したことは無いですが
無理な広告表現によって、
ターゲット層とはズレた人達まで集客してしまったり

予算や人的リソースをオーバーしてしまい
かえって歩留まりが悪くなるリスクも孕んでいます。

素晴らしい商品と、高い成約が見込める販売スキームを
最大限に活かしてプロモーションを成功させるためにも、
自社のリソースをしっかり見極めて集客の計画を作っていきましょう


+1.根本目的の定義


asct7up3yde-julia-caesarでは、この3つを抑えておけば、集客は上手くいくか?

と言われると、答えはNoです。

最も大事な要素として
「集客したその先に何がしたいのか?」
その根本目的が戦略的にしっかりまとまっている必要があります。

これが一番大事だけれど、誰もが見失いがちな部分です。

例えば、メールアドレスの登録を集客のゴールとして
その先に読者とどんなコミュニケーションを取って、
最終的にどんなビジネスを仕掛けるのか?

プロモーションの売上の規模はどこを目指しているのか?

今回のキャンペーンが成功した先に
いったいどんなビジョンを描いているのか?

ここがふわふわしていては
そのプロモーションは絶対に上手くいきません。

むしろ、根本目的があって、そこから逆算して
ゴール、ターゲット、ボリュームの基準値
決まってくる…というのが正しい順番なので、
根本目的無くして集客はできないということですね。

自分で集客する場合も、依頼する場合にも
3つの定義を固めておくことが成功のカギです。

そのためにはまず、何のための集客するのか?
根本目的をぜひ深掘りしてみてください。

この記事を書いた人

島津 啓史
島津 啓史
ネット集客専門会社㈱Smooz代表取締役
早稲田大学理工学部卒業後、2012年アマゾンジャパン株式会社へ新卒1期生として入社。
個人でのインターネットマーケティングの面白さと可能性に惹かれ、2014年より小西玲太朗/大森寛之の元へ師事。個人事業主向けのコンサルティングサービスで500人の生徒を受け持つ傍ら、個人としても4000万を越える売上を記録。2015年に独立し、インターネット生放送事業の立ち上げや500人規模のコミュニティの運営、並びにマーケティングの指導を行ってきた。2017年2月より現職。