The following two tabs change content below.
島津 啓史

島津 啓史

ネット集客専門会社㈱Smooz代表取締役 早稲田大学理工学部卒業後、2012年アマゾンジャパン株式会社へ新卒1期生として入社。 個人でのインターネットマーケティングの面白さと可能性に惹かれ、2014年より小西玲太朗/大森寛之の元へ師事。個人事業主向けのコンサルティングサービスで500人の生徒を受け持つ傍ら、個人としても4000万を越える売上を記録。2015年に独立し、インターネット生放送事業の立ち上げや500人規模のコミュニティの運営、並びにマーケティングの指導を行ってきた。2017年2月より現職。

どうも、島津です。

私ごとではありますが、201721日付けにて、株式会社Smoozを設立しました。

ということで、急遽社長さんになったわけですが、今後も変わらず宜しくお願いします(;´∀`)

Smoozはインターネット集客専門の会社として、「ソーシャルメディア」や「PPC広告」「インフルエンサーマーケティング」を駆使して、他社より圧倒的に安い広告コストと高い品質でインターネット集客を行っていきます。

設立の経緯や、Smoozの特徴について、本記事にまとめてみました。


「集客」できるヤツが一番偉い


b4op5oz4x5q-lou-levit

至極当たり前のことですが、

どんなに丁寧なサポート体制があろうが

どんなに良い商品を持っていようが

どんなに優秀な販売員がいようが

お客さんが集まってこないことには、いかなるビジネスも成り立ちません。

僕も個人事業主としてやっていた頃は、セールスコンテンツメイキングの部分に注力したことで飯を食えていたわけですが、そこがある程度形になってくると、ようやく「集客」のところに目が向き、より効率的にしていきたいと思うようになります。

けれども教育や販売、サポートと比べると、どうしても敷居が高く、一筋縄でいかないのが、この「集客」の部分です。一番頭を使わないといけないし、最もコストも労力もかかる。全てのビジネスにおいて、更に言えば資本主義社会において、難易度的にも重要度的にも最上流のところにあたります。

だからこそ、この部分を追求していけば、様々な会社や個人にとって価値のある存在になれるなという目論見です。

ただし、これは個人とか事業部レベルではなく、集客に特化した専門集団を組織して、突き詰めてやれる環境じゃないと、中途半端に終わってしまうなと思い、「無いなら作ってしまおう!」という経緯で新設した会社が、今回立ち上げたSmoozです。


広告費で稼がない広告代理店「Smooz


Smoozの集客代理サービスには、非常にユニークな特徴があります。それが下記の3つ

  1. 広告費用は広告原価だけでOK
  2. 極限までリーズナブルな広告費用を追求!
  3. リストの品質保証付き!

e7rlgujjazc-olu-eletu

広告費用は広告原価でOK

これが一番目を引くと思いますが、その名の通り、Smoozは広告費で利益を得ようとは考えていません。

要するに、Smoozに広告代行を依頼したとして

100万円の広告費を使用した場合は、100万円のみしか請求しません。
100万円分の依頼を受けたら、100万円をフルに活用して集客します。
(または余った広告費はお返しします。)

高い広告費用を請求しておきながら、広告費の内訳も分からず、実は裏では必要以上にコストを抑えて運用しているといった、不透明でかつ割高な運用は無くします。

 

極限までリーズナブルな広告費用を追求!

「原価でOK」という条件だけでも破格なのですが、Smoozでは更に徹底的に広告コストの削減に挑戦します。

これは、Smoozが持ってる多角的な集客ノウハウを駆使して、桁違いで単価の安い集客手法をミックスさせることで、徹底的なコストカットが実現可能になります。

リストの品質保証付き!

そして、最後の品質についてですが、せっかく高い広告費を出して、集めてもらったリストなのに、全く成約につながらない………

これでは全く意味がありません。

まさにこの「質」こそが、広告を依頼する側の一番の不安要素かもしれません。

特に広告費用が原価でOKで、かつリーズナブルな値段でとなると、「適当に集めたゴミリストなんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、徹底的に質に拘った集客をしていきます。

ツールやシステム任せの運用だけではなく、ヒトを介した集客手法などもミックスしていくため、リストの「質」についても自信があります。これも、Smoozが得意としている、多角的な集客手法によるメリットの1つです。

こうした特徴を生み出せるカラクリや実践記については、出来る限りオープンに発信していくつもりなので、今後の僕の発信を楽しみにしておいてください^^


やるからには100億円企業へ!


ネットの広告代理店は今がまさに伸び盛りです。

少し古いデータにはなりますが、広告業界全体の売上げランキング上位20社中、2010年にはインターネット広告代理店は1社もランクインさいていなかったのが、2015年になると5社が占めるようになりました。

2015_2
(出典:https://biz.adventurez.jp/tips/jobfile016/

ちなみに、2015年に20位にランクインしているネット広告代理店の売上額は500億円~1500億円です。

そのどれもが今では15年前後やっている会社さんばかりで、いきなり追いつこう…という甘い考えは持っていませんが、中長期でそうした世界に入り込める会社にはしていきたいです。

そのためにも、3年間で純資産10億円を残せるような経営基盤を作って、事業拡大と上場準備に更に3年間を費やし…といったスパンで、Smoozがそうした一流企業とも戦えるポジションに立てるよう、6カ年計画で考えています。

これは僕にとってとてつもなく大きな挑戦だけど、今回設立した時点で、既に多くの方々から多大な期待を寄せられているのを感じているので、使命感を持って頑張ります。

gwe0dlvd9e0-benjamin-childということで、これを読んでいただいている皆様、株式会社Smoozを是非とも宜しくお願いします!

近々で広告案件受注もスタートしていきますが、現時点で気になっている方は、僕のLINE@で直接コミュニケーションが取れるので、下記から登録後ひと言メッセージをください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

<島津啓史@Smooz【直通】LINE@>

ID:@smzhrfm
http://line.me/ti/p/@smzhrfm

何か募集を開始した際に優先的に対応させていただきます。
(応援メッセージや、今回の記事の感想でも嬉しいです^^)

この記事を書いた人

島津 啓史
島津 啓史
ネット集客専門会社㈱Smooz代表取締役
早稲田大学理工学部卒業後、2012年アマゾンジャパン株式会社へ新卒1期生として入社。
個人でのインターネットマーケティングの面白さと可能性に惹かれ、2014年より小西玲太朗/大森寛之の元へ師事。個人事業主向けのコンサルティングサービスで500人の生徒を受け持つ傍ら、個人としても4000万を越える売上を記録。2015年に独立し、インターネット生放送事業の立ち上げや500人規模のコミュニティの運営、並びにマーケティングの指導を行ってきた。2017年2月より現職。