The following two tabs change content below.

渡邉 誠

1990年生まれ。薬の製造を支える研究員、大手通信会社で過酷なノルマに耐え営業、東証一部上場企業で人事など様々な職種を経験。 会社に縛られて生きているのがアホらしくなり、会社にいた時に仲間2人と一緒に起業。上手くいかずに赤字を出し、ふらふらしていたところをK.RTRuangに出会う。自身の人生経験を活かして記事を書いている。

おはようございます、あなたは 求人 を探す時何を見ていますか?ハローワークで検索機を使って探していますか?企業のホームページを見て募集をしているか見ていますか?

求人情報サイトで検索していますか?フリーペーパーや新聞ですか?それとも、専任の転職エージェントにお願いしていますか?

企業としては、一番力を入れているのは、求人情報サイトに掲載している求人です。なぜならコストをかけて求人を載せているからです。お金を払って求人を載せているのに適当な文章で載せているわけがありません。

つまり、どうすれば分かりやすい内容で書かれた求人情報を見ることが出来るのか考えた時に、一番に見なければいけないのは求人情報サイトです。

ハローワークの検索機は、個人的には検索をするのにあまり適しているとは言いがたいです。


【 求人 の内容によって応募してほしいターゲットが違う】


営業未経験者OKという 求人 は、どう考えても若手でそこまで職歴が無く、素直な人を求めています。逆に経験者優遇となっている場合は、ある程度営業経験があり受注を毎月獲得してきた即戦力を求めています。

未経験歓迎は、若手思考でこれからめきめき実力を上げられるであろう人を求めています。

大卒以上は、高卒が応募しても良いのか?とよく聞かれますが、応募して下さい。ただし、本当にそこでやりたいことはなんなのか考えたうえでですが


【 求人 が多すぎてよくわからない!】


今の世の中、仕事は大量にあります。まあ、プライドだったり待遇だったりで応募しない人がいるのも事実ですが、これだけ多いと何が自分の探している 求人 なのか分からないと叫んでいる人もいるのではないでしょうか?

1番あなたが重視している項目でまずは絞って検索してみる。これが鉄則です。たとえば、やりがいなのか、仕事内容なのか、収入なのか、休みなのか、勤務地なのか

まずは、その項目で 求人 を絞って検索してみましょう。あふれんばかりの 求人 が少し整理されます。

次は、2番目に重視している項目で絞ります。ここまでくれば、まあ目を通しても疲れない程度の 求人 数になります。

最後に、3番目にあなたが重視している項目で絞ります。これで、希望としている条件の 求人 にたどり着きます。


【 求人 どれだけ応募すればいいのか?】


とにかく、3番目の条件をクリアした 求人 は全て応募しましょう。

面接へお越し下さいと返事が来てから、志望動機は作成しましょう。案外この方法で、書類選考の悩みは吹き飛ぶはずです。

もちろん、全て選考対象外になる可能性もありますが、その場合は書類の書き方が根本的に悪いので、書類の見直しをしましょう。

就職・転職活動の第一ステップとして、この壁はクリアしていきましょう。

この記事を書いた人

渡邉 誠
1990年生まれ。薬の製造を支える研究員、大手通信会社で過酷なノルマに耐え営業、東証一部上場企業で人事など様々な職種を経験。 会社に縛られて生きているのがアホらしくなり、会社にいた時に仲間2人と一緒に起業。上手くいかずに赤字を出し、ふらふらしていたところをK.RTRuangに出会う。自身の人生経験を活かして記事を書いている。