The following two tabs change content below.
石橋 秀明
葬祭アドバイザー、葬祭ディレクター1級、株式会社ベルフォーエバー代表取締役 全国160件以上の葬祭会館を展開する、大手冠婚葬祭グループの葬祭業を通じて山口県東部のセレモニーを一手にプロデュースし、家族を失くした遺族に寄り添い、大切な人の最期を真心で飾る葬祭アドバイザー兼ディレクター。過去5000件以上の葬儀に携わり、豊富な経験を活かし家族葬から社葬までトータルにプロデュースし、大切な人の最期に故人への感謝と真心の涙を届けつづけている。

おひさしぶりです。


1508628_301731986648938_1423745491_n

いやーひさしぶりの投稿です。

いしばしです。

最近はちょー忙しくて。。。

なかなか記事の更新ができなかったです。

と言い訳を言ってみる(笑)


で何をしていたかというと

独立起業したい!!って人たちをコンサルしていました。


昼間は本業の葬儀の仕事と

YEG活動やJC活動(←気になる人は調べてみてね)をやって

夜な夜な、起業コンサルです。


で、やっと生徒さんに結果が出てきたので

また、記事書いていきますよ。


そして、面白い企画も考えています。

是非、実行に移していきますので、

楽しみにしていてください。



ある生徒さん


今日は、そんな起業コンサルをしていて

面白い生徒さんがいたのでご紹介します。


スクリーンショット 2015-12-13 10.37.57

こんな一文からコンサルがスタートして

こちらのネットビジネス初心者の方が

なんと一ヶ月後には起業しちゃいました。


できない理由を話されていた彼に

最初に僕はやる理由を尋ねました。


何の為に起業しないといけないのか?

何の為に稼ぐ必要があるのか?


いろいろと思考を巡らし、行き着いたのは

息子さんの存在が彼のやる理由でした。



目的と目標の違い


僕は良く目的と目標の違いの話をします。

みなさんはご存知でしょうか?


「弓矢を射る際に的に向かって射るわけですが

矢は弧を描いて的に向かいます。

だから的に当てるためには少し上の方(標しるべ)

を目がけて弓を射るわけです。

この的が目的で少し上の方が目標です。

ここの目的をしっかりと定めた上で矢を打たないと

とんでも方向に飛んでいってしまいます。」


何をするにもそうですが、やる理由というのが一番大事ですね。



熱いメール


そしてもう一つ大事なことがあります。

誰とやるか?です。


インターネットビジネスって

 一人で黙々とするイメージがありますが

実はそうではなくて一人でやれることなんて限界があります。


だって人間ですから。モチベーションの下がる時もあるし

続けることが困難になることもあります。


そんな時に仲間やメンターの存在は大きいのです。


仲間やメンターがいるからこそ

人は困難に立ち向かい成長できるのです。

その結果、成功する。これに尽きます。


彼からメールがきました。

スクリーンショット 2015-12-13 10.50.01

スクリーンショット 2015-12-13 10.50.12


熱い男です。この彼と一緒に仕事がしたい。

そう、強く思いましたね。



決断


そう彼は「決断」したのです。


コンサルをしていると「決断」って

 何か物事を決めることだと思ってる方が多いのですが

実は「決断」って片方を捨てるってことなんです。


字も「決めて断つ」って書くでしょ。


二つの選択肢がある時に、どっちかの選択肢を捨てる。


彼は、掃除屋って仕事を捨てる「決断」をしたのです。


あなたの人生はどう変わりましたか?

スクリーンショット 2015-12-13 11.02.04


LINE



僕には起業コンサルの一面もあるのですが

LINEの専門家って一面もあります。


ビシネスパートナーとは、LINEを使って情報交換をしています。


もちろん、彼ともLINEで繋がって情報交換を始めました。


そんな彼の待受け画像が

まさか。。。

ファッキンベイベーとは。。。(笑)

スクリーンショット 2015-12-04 00.04.16

毎日、楽しい日々です(笑)

 

この記事を書いた人

石橋 秀明
石橋 秀明
葬祭アドバイザー、葬祭ディレクター1級、株式会社ベルフォーエバー代表取締役
全国160件以上の葬祭会館を展開する、大手冠婚葬祭グループの葬祭業を通じて山口県東部のセレモニーを一手にプロデュースし、家族を失くした遺族に寄り添い、大切な人の最期を真心で飾る葬祭アドバイザー兼ディレクター。過去5000件以上の葬儀に携わり、豊富な経験を活かし家族葬から社葬までトータルにプロデュースし、大切な人の最期に故人への感謝と真心の涙を届けつづけている。