The following two tabs change content below.

渡邉 誠

1990年生まれ。薬の製造を支える研究員、大手通信会社で過酷なノルマに耐え営業、東証一部上場企業で人事など様々な職種を経験。 会社に縛られて生きているのがアホらしくなり、会社にいた時に仲間2人と一緒に起業。上手くいかずに赤字を出し、ふらふらしていたところをK.RTRuangに出会う。自身の人生経験を活かして記事を書いている。

こんにちは ブラック企業 って言われている会社が増えてきましたね。

しかし、 ブラック企業 って具体的になんなのんでしょうか?

なんとなくみんなが言ってるからブラックだーっと思ってませんか?


【時間拘束が長い】


例えば、求人票、労働契約書に記載されている時間より1時間早く出勤し

残業も終電までなど。

休みも、無し。

最近は、このような気合と根性でなんとかしろ

というような会社は減ってきているのではないでしょうか?

もちろん、いまだにこのような労働時間が長い会社もあるの事実でしょう。

本当に自分が、何かやりたい。起業したい。夢がある。

という人は、実現するためにいくら必要で、いつまでにそれを達成するか考えると

時間拘束の長い、ましてや休みの無い会社で勤務していても一生夢が叶いません。


【パワハラ、セクハラ当たり前】


例えば、上司や先輩から暴力を受けたり、仕事と関係の無い事柄を指摘されたり

身体的な接触を露骨にされたり、飲み会の席で女性だからという理由でお酒を注がせたりなど

社会人になるとこういった場面に必ず遭遇します。

ただ、相手が職場の中で権力を持っていたりすると、抵抗することが出来ずに周りに流されるまま、その行為を受け入れてしまいがちです。

ストレスで、体調を崩す前に、自分の生活していくためにどのくらいの支出が必要なのか計算をして、その金額が稼げてストレスの溜まらない職場や、収入の得方を考えてみませんか?


【ブラック企業って結局なんなの?】


私の結論から言えば、あなたが大きな、それも死にたくなるほどのストレスを感じている場合、どんな会社も ブラック企業 だといえます。

個人個人、ストレスの感じる部分が違いますので、上記に記載した内容が日常的に繰り返されても平気だ。

という方もいます。

ただ、20万円そこそこのお金のために、死ぬほど嫌なことを我慢するのは、結構きついです。

例えば、時給1300円で1日8時間勤務、22日出勤すれば

228,800円で手取り大体、20万円前後でしょう。

もし、あなたが、20万円で生活が出来ている方であれば、別の道(起業、アルバイト、派遣、ニコニコ動画に動画を上げたり、YouTuberとして動画を上げたりなど)

20万円程度であれば、過酷な環境に身を置かなくても手に入るチャンスは沢山あります。

今一度、あなたの人生に ブラック企業 が必要か考えてみて下さい。

あなたは、将来の夢ややりたいこと、本当はこれを成し遂げたいなど

実現したいことがあるのであれば、今日すぐに会社を休んで考えてみませんか?

この記事を書いた人

渡邉 誠
1990年生まれ。薬の製造を支える研究員、大手通信会社で過酷なノルマに耐え営業、東証一部上場企業で人事など様々な職種を経験。 会社に縛られて生きているのがアホらしくなり、会社にいた時に仲間2人と一緒に起業。上手くいかずに赤字を出し、ふらふらしていたところをK.RTRuangに出会う。自身の人生経験を活かして記事を書いている。