あなたは本当にやりたいことをやれていますか?

 

大半の人は、何か障害や葛藤があって、やりたいことや好きなことができずにいると思います。それはどうしてなのでしょうか。原因がはっきりとわかれば、何か対策もできるかもしれません。そんなわけで、普通の人が抱える原因4つを紹介します。

 


自分に才能がないと感じている


 

やりたいことをやるのには、何か特別なものが必要だと思っているタイプです。「私は天才じゃないから」「私はあの人とは違うから」なんて言って、諦めているんですね。やりたいことをやることに才能も資格も何も必要ありません。

 

それから、上記の言葉は、一歩間違えると、都合のいい逃げ道にも使えてしまうから注意です。

 


やりたいことがだいそれたものだと勘違いしてる


 

やりたいことが大きく見えてしまい、それに気楽に取り組むことは許されないと感じているタイプです。今までそのことと中途半端にしか付き合ったことがないため、そんな恐れ多いことはできないと思っているわけです。

 

 


今は忙しくて無理…


 

 

時間に恵まれた人だけが本当にやりたいことをやる権利があると思っているタイプですね。これも大きな誤解です。時間がなくてもやりたいことはできます。そもそも、1日はみんんあ平等に24時間なのです。その中でどのように時間をやりくりするかが大切です。

 

 


周りに批判されるのが怖い


 

 

新しいことは何かと周りの人から批判を受けやすいものです。また、「そんなんで食べていけるの?」という言葉に人は弱いです。そうか、食べていけないと駄目なんだと感じ、せっかくの夢を諦めてしまいます。

 

もちろん、飢え死にしたり借金を抱えてしまうものは避けたほうがいいですが、「食べていけるか」「食べていけないか」で本当にやりたいことを我慢する必要はありません。

 


まとめ


 

いかがだったでしょうか。

どれもほとんどが誤解か気にしなくてもいいことです。ですが人はこういうことにくよくよと悩んでしまうもの。本当にやりたいことをやるために、気張らずに、気楽に前に進んでいきましょう!