何かとネガティブな使われ方をしている「独りぼっち」。この「独りでいる状態」つまり「孤独」は本当に悪いことなのでしょうか。実はこの「孤独」は人生を上手く謳歌するカギとなっているといるのです。「孤独力」とは何なのか、それがあることでどうなるのか、説明していきます。

 


孤独力とは?



「孤独力」という言葉を初めて聞いた方もいるかもしれません。孤独力について、端的に示した言葉が以下のサイトにあります。

 

「孤独力」といえば 「孤独に耐える力」と勘違いする人もいるかもしれませんが、違います。
「孤独力」とは、「孤独を積極的に意識し、未来のために使おうと楽しむ力」です。
引用元:http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20150808/Jijico_15425.html

 

この場合の孤独とは、ハブられて偶発的に起こる「孤独」ではなく、自分から望んで意識的になった「孤独」という訳です。寂しい孤独をどうするかではなく、新しく得られた一人の時間をどう有意義に過ごすかという観点で考えるんですね。

 


孤独力があるとどうなるの?


 

では、孤独力があることで、どんな良いことがあるのでしょうか。

 

・人生設計が立てやすくなる
・自分が本当にやりたいことを存分にできる
・本音で生きることができる
・一人で困難に立ち向かう力がつく
・数人だが、本当の友達ができる

 

人生は自分の思い通りに行かないことが多いものです。その外的要因は他人ではないでしょうか。一人でいると、身体を縛っていた縄がほどけるように、するすると自由になっていきます。本当の友達とは、お互いに思いやることができる友達のことです。ただ大勢で群れることが好きな人たちは、友達になっても、その場その場だけでピンチなときに助けてはくれません。

 


孤独力を伸ばす方法


 

そうはいっても、独りは寂しい。なんて二の足を踏んでいる方もいることと思います。そんな方に孤独力を伸ばす方法をお伝えします。それは簡単です。上に示した箇条書きの行動を実際にやってみるんです。

一度に全部をやるのは大変だと思います。まず、ひとつをやってみて、慣れてきたら次に移るといいですよ〜!

 


まとめ


 

いかがだったでしたか?

自分が決めて自分で行動するので、もちろん責任は自分にあります。ですが、自分に責任のない人生などつまらなくないですか? 逃げていないで、あなたも孤独力を磨いては見ませんか?