The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

テストでもスポーツでもビジネスでも

なんでもそうだけど

絶対に結果を出せる方法

を僕は知っている。

 

でもその方法にはかなり副作用がある

 

そんな超リスキーな成功方法を特別に教えますね。

 

結論から言うと

結果をだすには逃げ道をなくすこと

これが非常に大事

 

火事場の馬鹿力を使っちゃうことです。

 

火事場(かじば)の馬鹿力(ばかぢから)

《火事のときに、自分にはあると思えない大きな力を出して重い物を持ち出したりすることから》

切迫した状況に置かれると、普段には想像できないような力を無意識に出すことのたとえ。

 


火事場の馬鹿力ってどんな力だすの?


WS0000013

これは本当にヤバイですね。

◎15歳少年が900キロを超える車を持ち上げて車に下敷きになった祖父を救ったり

◎事故の時に人を助けようと女性が200kgの鉄板を持ち上げて人を救ったり

◎ドラゴンボールでも悟空が仲間がやられたときにとてつもない力を発揮したり

 

普段人間が出すことができない力を発揮するわけです。

 

人間は普段2~3割の力しか発揮していないらしく

それを100%発揮させるのが火事場の馬鹿力なわけです。

 

成果をだすために火事場の馬鹿力がでる環境を

意図的につくりだすわけです。

 


じゃあどうやってその環境を作るの?


kinen

これはもう逃げ道を無くして極限状態を作る

これに尽きる。

 

僕の場合だったら会社員だったころ

何もビジネス決まっていないのに

「会社辞めます!」って宣言することだった。

 

収入源が途絶えるわけだから自分で

お金を生みだす力を身に着けなきゃ

いけなかったから超必死だったね。

 

あの時かなり自分を追い込んだから今の自分がある。

 

スラムダンクで言うのであれば

山王戦で桜木花道が

「ヤマオーは俺が倒す!」

って宣言することもそうですね。

 

あれで湘北は勝つしかなくなった。

 

このやり方が結果をだすために一番近い方法だと思う。

 


じゃあまず何から始めたらいい?


ibbl4MzUQXno

逃げ道を無くす方法っていろいろあるけど

 

一番手っ取り早いのが

宣言すること

だと思う。

 

さっき書いた桜木花道みたいな感じだね。

 

まわりに宣言しちゃったり

SNSに書きこんじゃったら

もうやるしかなくなるからね。

 

プライド高い人には特におすすめですね。

 

というわけで何か宣言することから始めよう。

 

 

 

header

12月6日(日)19時~

ウェビナーやります

→ 大切な人を永久に守り続ける為にノーリスク週末起業

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。