The following two tabs change content below.
島津 ひろふみ

島津 ひろふみ

プロデューサー/ライター  早大大学院卒業後、Amazonに入社。新規輸送サービス立ち上げプロジェクトに多数携わる。その傍ら現在のK.RTRuangメイン事業の立ち上げ初期メンバーとして事業拡大に大きく貢献。全国での勉強会開催や、ウェビナーの企画立案などに従事。部数1万部のメールマガジンの執筆や、芸能人のメディアプロデュースも手掛けている。2015年にそのキャリアを捨てて独立起業の道へ。「脱エリート」をテーマに、優秀だけれど報われない/更なる高みを目指したい方に向けて、個人起業の可能性を啓蒙し、ノウハウを継承している。

何となく以前から気にはなっていたんだけれど

やらないとなぁ…と思ってたんだけど

なんとかなるっしょ!…と思ってるんだけど

やっぱアイツが気になって仕方ないんだ。

アイツとは何か。

そう来年の確定申告だ。

脱サラして初年度の僕としては、避けては通れない道。

なんとかなるとは思っているんだけど、できるだけ損をしたくはない。

備えあれば憂いなしということで、

今(11月)が早いのか遅いのかすらもわからないけれど、

何か準備できることがあればしておきたいと思う。

その前に、僕のスペックだけ書き記しておこうと思う。


スペック


・28歳
・理系大学院卒
・外資系IT企業出身

こう書くと聞こえは良いし

「お前どうせ、詳しいんだろ?」

と思われるかもしれない。

いやいや、待ってくれ。

高校や大学で、一切会計のことなんて学んできてないし、

一秒たりとも、触れてこなかった。

社会で本当に役立つことは、

学校では教えてくれないもんだ。

理系だと特にね。

エリートでも知らないものは知らない。

それよりも、この状況から

いかにキャッチアップしていくかが大事でしょ。

でもね。当時僕は真面目だったから、

就職する前に、なんとか理系以外のことをもっと知りたいと思った。

ちゃんと社会のことも知っておきたい欲求にかられた。

だから、大学院2年生の最後、まさに皆が揃って

「もうすぐ卒論だー!」って忙しい時期に

「もうすぐ卒業だー!」って浮かれている時期に

僕は簿記ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取っていたんだ。

だから、数字や言葉への抵抗はない。

けどね…

そんな数年前の知識はさっぱり忘れた!

やはり付け焼き刃の勉強は役に立たない。

(確かそれぞれ試験の1週間前から勉強した。簿記はまだしも、FPは我ながら良く取ったよなーと思う。)

あまりにも記憶無くしすぎてて、

もはや

「簿記とFPの資格持っているよ!」

と言うことさえ恥ずかしくて、ここまで数年間黙ってきた。

さっき、数字や言葉に抵抗無いって言ったけど
ごめんなさい、嘘です。
結構目を背けたくなります。

というわけで、ほぼ知識0から始める

「脱サラした個人事業主1年目の確定申告」

来年2月をゴールに、非定期で進捗をお届けしておこうと思う。

お楽しみに!

ちなみに、僕のスペックはわかったと思うけれど

一応、これを書いている現時点で

僕の頭にある知識をまとめておこう。


今わかっていること


・2月から3月にかけて確定申告があるらしい

freeeというクラウドサービスが良いらしい

・困ったら税理士に頼めば良いらしい

・青色申告が良いらしい

・レシートは取っておいたほうが良いらしい

どうだろう、
一見レイザーラモンRGのあるあるネタか?
と見間違うほど、ふわっとした知識しかない。

なんか、自然とfreeeの宣伝みたくなっているけど

僕は一切お金はもらっていないです。

ステマじゃないことだけはハッキリ加えておこう。

ということで、後悔の無い確定申告を目指して

これから僕も学びながら、随時記事にしていこうと思う。

さて、こんな僕に優しく手ほどきで教えてくれる人いないかな。

1人で勉強しても時間かかるしねー。

LIFEのライターには詳しい人いっぱいいそうだなぁ。

教わりながらやっていく様子をお届けできれば、皆にも学びになって良いかなと。

ちなみに、今僕と似たような状態にいる人には、

正直に真面目にアドバイスをしておくと

こんな記事読むよりも、

もっと詳しい人に聞いたほうが良い。

上手くいく保証はないから笑

まぁ、一つの忘備録として、
来年以降、僕と同じ道を歩む人の道標になればと思います。

ということで、またそのうち!

まずは、freeeを色々いじってみることにするよ!

この記事を書いた人

島津 ひろふみ
島津 ひろふみ
プロデューサー/ライター  早大大学院卒業後、Amazonに入社。新規輸送サービス立ち上げプロジェクトに多数携わる。その傍ら現在のK.RTRuangメイン事業の立ち上げ初期メンバーとして事業拡大に大きく貢献。全国での勉強会開催や、ウェビナーの企画立案などに従事。部数1万部のメールマガジンの執筆や、芸能人のメディアプロデュースも手掛けている。2015年にそのキャリアを捨てて独立起業の道へ。「脱エリート」をテーマに、優秀だけれど報われない/更なる高みを目指したい方に向けて、個人起業の可能性を啓蒙し、ノウハウを継承している。