The following two tabs change content below.

早田 俊広

東大卒で国土交通省に勤務していたエリート官僚が、約束された将来の安定を捨ててネットビジネスで成功しようと52歳で退職、極貧時期を過ごす中あるご縁で小西さんと大森さんと出会い成功の手応えを感じています。

ここでは、10年間パリに駐在していた私が、現地での実情を踏まえて、フランス語会話入門についての代表的な2つの参考書を比較し、どちらの説明がより適切であるかを分析していきます。

 

比較の対象としたのは、最も売れている「NHKラジオ毎日フランス語」〔以後NHKと略す〕、最も新しい〔2015年11月10日刊行〕「ネイティブがよく使うフランス語会話表現ランキング」〔以後ネイティブと略す〕の2冊です。

 

第1講 あいさつ

 

日常会話で最も頻繁に使われるBonjour(ボンジュール)について早速見ていきましょう。

 

NHKでは次のように説明されています。

散歩中にときどき顔を合わせる男性と女性がとおりで話しています。

Homme: Bonjour, madame.

Femme: Bonjour, monsieur.

男: こんんちは(おはようございます)。

女: こんにちは(おはようございます)。

 

これが、ネイティブでは次の説明になります。

1位 Bonjour.

おはようございます(こんにちは)。

A: Bonjour, Paul!

B: Bonjour, Sarah!

A: おはようございます、ポール。

B: おはようございます、サラ。

■Bonjourは朝、目を覚ましたときから夕方まで、知人同士で一番多く使うあいさつ。

2位 Bonjour, monsieur〔madame,mademoiselle〕.

おはようございます。/こんにちは。

A: Bonjour, monsieur.

B: Bonjour, madame.

A: こんにちは。

B: こんにちは。

■Bonjourの後に、madame, mademoiselle,monsieurを付けると、丁寧なあいさつになり、改まった感じになる。ビジネスの場で使う。Madame, mademoiselle, monsieurの後に名字

は付けないのが正しい用法だが、店員がなじみの客にmadame~と名字を付けてあいさつすることもある。

3位 Salut!

おはよう/こんにちは

A: Salut !

B: Salut, Sebastien.

A: やあ!

B: おはよう、セバスチャン。

■親しい間柄、特に若者や子供同士では、bomjourの代わりにしばしばsalutを使う。単にSalut !でも、Salut, sebastien !のようにファーストネームを付けることもある。Salut, は「さようなら」の意味でも使う。

★店に入ったとき、タクシーに乗るとき、レジで支払いをするときなど、初対面の人とも言葉をかわすきっかけとして、まずbonjourとあいさつする。

 

【本日のポイント】10年間パリに住んでいてNHKのようにBonjour madame.というようなあいさつを聞いたことはありませんでした。ここは明らかにネイティブの解説に軍配が上がりそうです。たかがbonjour、されどbonjour、この言葉を発しない日は無いくらいの最頻度用語ですので、くれぐれも用法には注意が必要です。

参考文献

・NHKラジオ毎日フランス語2014年4月号

・ネイティブがよく使うフランス語会話表現ランキング

Click edit button to change this text.

Click edit button to change this text.

この記事を書いた人

早田 俊広
東大卒で国土交通省に勤務していたエリート官僚が、約束された将来の安定を捨ててネットビジネスで成功しようと52歳で退職、極貧時期を過ごす中あるご縁で小西さんと大森さんと出会い成功の手応えを感じています。