The following two tabs change content below.
青山 龍之介

青山 龍之介

サラリーマンブロガー。1987年生まれ。 早稲田大学大学院での応用化学専攻を経て、一部上場企業の広報として活躍。年間100組の来客対応や電子書籍出版の経験を元に、会社に依存しない生き方・働き方を提唱している。

サラリーマンブロガーの青山 龍之介です。

2016年の1月から利用開始が謳われているマイナンバー制度については、
社会的関心がとても強いみたいですね。
(マイナンバーの配布は2015年10月から)

本屋に行くと、どこを見渡してもマイナンバー制度に関する本が
乱立しています。

実際に副業で収入を得ている人などにとっては、
大きなリスクであることもネットなどで目にしますね。

Green3_jisya20141123174652_TP_V

このご時世で副業もしていかないと生活がきついと
考えている人もたくさんいるでしょうから、
サラリーマンがブログを書くことで稼いでいけるかについて
述べていきます。


マイナンバー制度導入でサラリーマンへの影響は?


マイナンバー制度によって、

住民票をもつ方を対象に、
1人1つの個人番号(これをマイナンバーという)が付与され、
税金や社会保障などの情報が管理されていくのです。

要は役所での行政の手続きや、
各種制度、年金や保険関連の手続きなどにおいて、
マイナンバーを有することで、
非常に簡易的にかつセキュリティ度の高い手続きが可能になるということです。

サラリーマンの方々であれば、
年末調整に影響が出てきますね。

会社からもらう給与について、
源泉徴収票などにもマイナンバーを記載していかなくてはならないのです。

マイナンバーを記載することで、
各種税金なども管理されていくわけです。


副業はマイナンバーのせいでばれるのか?


サラリーマンの方ですと、

元々副業禁止の会社だからばれないように、、、
と心配しながら副業をしていた人もいると思います。

今回のマイナンバー制度のおかげ(せい?)で、
副業がバレやすくなると言われています。

なぜかというと、住民税の金額が妥当かどうかを
見られてしまうからです。

サラリーマンの方の給与明細には、
住民税が毎月引かれて記載されています。

これは、所得金額に応じて決まるのですが、
副業で収入が増えると、
それに伴って住民税も増えてしまいます。

副業で稼げば稼ぐほど、
給与明細に記載される住民税が多くなり、
会社側から疑問をもたれる可能性が上がるということです。


じゃあサラリーマンは副業できないのか?


現段階では、マイナンバー制度による副業への影響も

住民税の金額からバレるリスクが増える一方で、
職業選択の自由という日本国憲法で定められたものもあります。

PAK88_toukyouekisyoumen20150112191247_TP_V1

なんとも言えないという状況ですよね。

僕からすると、マイナンバー制度でバレるくらい
副業で稼いでいく努力をしてみたら?と思うわけです。


結局、今後サラリーマンはブログで稼げるのか?


マイナンバー制度による副業バレを防ぐために、

よくあげられているのが、
住民税の普通徴収選択です。

つまり、副業で得た分の住民税は、
自分で納めますよ、ということなんですね。

副業バレ対応策はあるにせよ、
稼げる人材が増えていかないこの社会に
大きな問題が出てくるようにも思えてきます。

さらに言うと、稼ぐという視点を第一におかなくとも、
収入が本業のみで足りない状況に悩むサラリーマンや、
この先に不安を感じるサラリーマンが大量に出てくると思います。

人は不安になると、解決策を調べます。

いまでは、インターネットという武器があるので、
様々な視点で検索するという行為がその解決策にあたりますね。

サラリーマンだからこそ、
マイナンバー制度に対してどうしたらいいのか?
といった悩みを解決できる声も挙げられるし、
サラリーマンだけど会社に依存しない生き方をしていきたい!
という声を、ブログというメディアを通して
生の声をあげていくことは出来ると思います。

PAK85_coding15095904_TP_V1

共感者を得て、その声を広めることが出来た結果、
収益化できる道筋も立てることができるんです。


社会的関心が高いからこその悩みを解決すればいい


マイナンバー制度に関する本が

あれだけ出版されているということは、
確かに社会的関心が非常に高い証拠です。

ですので、マイナンバー制度の対策として
確定申告をしっかりする人も増えてくると思います。

サラリーマンの人からすると、
確定申告ってなんじゃい?!と、
これまで無関係だったことがいきなり自分ごとになり、
そもそもなんのことかも分からないという悩みに
ぶちあたりますよね。

SEP_355215221321_TP_V1

そこから自分で確定申告について調べてみたり、
税理士さんに対応をお願いしてみたり。

これは立派な悩みですよね。

そこで税理士さんの紹介を促すアフィリエイトだったり、
調べ上げた悩み解決策を情報発信していくことで、
間違いなく「価値」が生まれます。

これがサラリーマンの人にとって普段実感がないことが多い
「収益化」につながっていきます。


だからサラリーマンに必要なのは日々の勉強なんですよ


本業について一生懸命仕事するのは大前提として、

社会的問題に興味をもってみたり、
そこでどんな問題がでてどんな悩みが出てくるかを想定してみると、
勉強すべきことって山積みなんです。

それを自分が解決できれば、
稼ぎにもつながるし、
マイナンバー制度に怯えること無いくらい収入を得れば
独立したっていいじゃないですか。

それくらい、サラリーマンだからこそ、
日々の勉強をしていきましょうね。

そして、それらをアウトプットする場として
ブログなんかを持っちゃえば、
マイナンバー制度なんてもう怖くも何ともありませんよ。

この記事を書いた人

青山 龍之介
青山 龍之介
サラリーマンブロガー。1987年生まれ。 早稲田大学大学院での応用化学専攻を経て、一部上場企業の広報として活躍。年間100組の来客対応や電子書籍出版の経験を元に、会社に依存しない生き方・働き方を提唱している。