The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

前回の記事で、

「クロージングなんてどうでもいい」

と伝えた。

 

前回の記事はこちら

⇒ 【成約率8割の経営コンサルタントが語る営業術】~クロージングなんてどうでもいい~

 

確かにその通りで、

クロージングまでの過程でどれだけ相手を気持ちよくさせることができるか

が勝負になってくる。

クロージングまでの過程で結果の99%が決まってくるからね。

 

じゃあ、ここまでできたとしよう。

クロージングまでの過程で相手が最高潮に気持ちよくなったとしよう。

 

でも、いるんですね。

最後の最後でこける人。

 

僕が会社員をしていた時に、後輩の営業同行によく行ったけど、

急に自信がないような言葉になったり

テンパったり

何を言ってるかわかんなくなったり

もう今までの過程が台無しだよね。

本当にもったいない。

 

そこで、今回は確実に成約するための

僕の秘密のクロージングスキルを公開しよう。

 

ヤバイからね。

 


大前提


さっきの後輩の例でもそうだけど、

営業していて自信がないのは論外。

 

こちらの自信がなかったら、それは相手にすぐに伝わるし、

自信がない相手から誰も買いたくない。

 

だから今までの過程が台無し、もったいない。

絶対に成約しない。

 

じゃあ、どうするか?

 

それは簡単。

自信を持つこと。

 

どうすれば自信を持てるのか?

それは、

やる前提、買う前提で相手に話すこと。

 

相手がもう買うって決まっていたら

何も恐れることないよね?

何も心配ないよね?

だって、相手はどうせ買うんだから。

 

だから、何よりこちらのスタンスとして相手が

やる全体、買う前提で話を進めること。

 

これ、めっちゃ大事。

 

おけ?

 


「お願いします。買ってください。」


お願い営業は論外。

なんで相手にお願いしなくちゃいけないの?

そんなのカッコ悪い。

論外ね。

どうせ相手は買ってくれるんだから、お願いは必要ない。

 

おけ?

 


未来に対してワクワク


これ前回の記事でも書いたけど、宝くじ効果ね。

宝くじ当たっとき想像したら、ワクワクするよね?

買いたくなるよね?

 

だから成約したあとに、相手にどのような未来が待っているのか

教えてあげる。もしくは、想像してもらう。

そしたら絶対買いたくなるから。

 

おけ?

 


日程を先に決める


相手はどうせ買うんだからさ、

先に日程を決めちゃうのね。

これかなり重要。

 

例えば、納期だったり、コンサルする日だったり、

もう全部先に決めちゃう。

 

具体的な日にちと曜日、時間まで全部決めちゃう。

 

だって、相手はどうせ買うんだから。

 

おけ?

 


お金の話なんてどうでもいい


ここまで来たら、もう相手は買う気満々じゃん?

でもまだ一つ伝えてないことあったよね。

そう、商品やサービスの金額

お金の話ですよ。

 

多くの凡人営業マンは、お金の話をするのが一番怖い。

だって、高くて断られる可能性もあるから。

 

でもさ、本気で欲しかったらいくらでも買うことない?

今まで、高いものでも欲しくて買ったことあるよね?

誰だって欲しかった買うんですよ。

 

だから、お金の話をする前に、

相手がその欲しい商品が手に入ったらどれだけハッピーか

ひたすらイメージさせるのね。

 

そうすると、お金は問題じゃなくなってくるから。

 

そして、金額を伝えるわけだけど、

ここはサラッと。

 

例えば、300万円の商品だったら、「300です」って。

僕は「万」とか単位を言わない。

 

だってさ、「万」って聞くと高い気がしちゃうから。

いや、どっちみち高いんだけどね。

 

だから単位をつけずに「300です」ってサラッと。

 

おけ?

 

ここまでできるだけで、凡人脱出しちゃうからね。

営業が強くなったら、世界変わっちゃうからね。

僕みたいに調子に乗るようになるからね。

 


まとめ


①相手が買う前提、やる前提は話す

②お願いはしちゃだめ

③相手がその商品を買った未来をひたすらイメージさせる

④納期等の日程を先に決める

⑤金額は一番最後にサラッと伝える

⑥金額に単位をつけずに伝える

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。