The following two tabs change content below.
あおい つばさ

あおい つばさ

時間管理やタスク管理などに対しての思い入れやこだわりが深く、「1日は簡単に2時間増やせる」という独自の理論を持つ。講演や企業研修など依頼を受けることも多く、全国各地で時間管理術・スピード仕事術など実践的ワークショップなども行っている。趣味はラクロス(元日本代表)と旅(世界30ヶ国以上)。

仕事が速い人の
13の習慣!

についてお話しいたします。

 

仕事が速い人と聞くと、どんな人を思い浮かべますか?
テキパキと仕事をこなし、圧倒的な仕事量

 

 

実際仕事が速い人って見た目以上に、
色んなことにこだわり(工夫)
たくさん持っています。

 

速い人の習慣と
遅い人の習慣の違いを比べてみることで、
仕事を速くするためのヒントがみつかります。

<習慣1>
○ 自分で時給を決める!
× 会社に時給を決められる

※仕事が速い人は、自分の労働を時給に加算する
それを基に1つの仕事にかけられる時間を
考えながら仕事をします。

 

<習慣2>
○ 人の言うことを聞かない。
× 人の言うことを素直に聞く

※他人の言うことに影響されず自信をもって
仕事を進められるのが「仕事の速い人」

 

<習慣3>
○ 周りと違う行動をする
× 周りに合わせて行動する

※例えば、仕事が速い人は、
昼食の時間を他人と取りません。

 

<習慣4>
○ 緊急でない仕事も必ずやる
× 緊急の仕事を優先する

※これは優先順位のマトリクス図の
「重要だが緊急でない」のを優先する。

 

<習慣5>
○ 仕事の順番を決めない
× 仕事の順番をきっちり決める

※仕事が速い人は、そん時の気分に応じて
臨機応変に仕事をこなしていく。

 

<習慣6>
○ 1つの仕事に全力を傾ける
× 複数の仕事を並行して進める

※仕事が遅い人は、頭でやることが整理できていない為
いくつもの仕事を同時にしようとします。

 

<習慣7>
○ ムダなことをする
× ムダなことをしない

※仕事の速い人は、
その時はムダに思えることでも、
いつか活用できるかもしれないと考えます。

 

<習慣8>
○ お金で時間を買う
× とにかく倹約する

時間はいったん過ぎてしまえば取り返すことができません。

 

<習慣9>
○ 記憶に自信がない
× 記憶に自信がある

人は、1日に10分程、やることを思い出すための
時間を使います。記憶に頼っていると、
1習慣で約1時間もムダにしてしまいます。
そのために、デジタルツールなどを使います。

 

<習慣10>
○ 仕事を適当にする
× 仕事を完璧にする

完璧でなくても大筋で正しければ進めても問題ない。
問題は、完璧に時間を掛けてやり直しをする場合です。

 

<習慣11>
○ マニュアルに頼る
× 過去の経験に頼る

「仕事が速い人」は、仕事を進める手順を書いた
「マニュアル」と「チェックリスト」を使います。

 

<習慣12>
○ 人にあまり気を使わない
× 人に気を使う

仕事を速くこなすためには、
常に自分が主導権を握るつもりで進めると良いです。

 

<習慣13>
○ とにかくまずやる
× 結果を気にする

「仕事が速い人」は、とにかく今できる限りの最善を尽くす。
一方、仕事が遅い人は、結果を気にして悩みます。

 

いかがだったでしょうか。

 

一瞬でも「えっ!」と思った項目があった場合は、
分かってはいるけど、出来ていない項目の
可能性があるので、何が自分と違うのか?

確認してみてくださいね。。

この記事を書いた人

あおい つばさ
あおい つばさ
時間管理やタスク管理などに対しての思い入れやこだわりが深く、「1日は簡単に2時間増やせる」という独自の理論を持つ。講演や企業研修など依頼を受けることも多く、全国各地で時間管理術・スピード仕事術など実践的ワークショップなども行っている。趣味はラクロス(元日本代表)と旅(世界30ヶ国以上)。