The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

はじめから言っとくけどさ

僕、すごくね?

 

だってさ、モノを売ってるわけじゃないから

仮に世の中からモノというモノがなくなっても

僕のこの絶対的な営業力があれば

なんだったって売ることができる。

 

そう、いつでもどこでもお金を創れちゃうわけ。

 

だからさ、

僕、すごくね?

 


営業力=クロージング力?


営業力=クロージング力?

僕は絶対的な営業力を持っているわけだけど、

営業力ってクロージング力って思っている人多いよね?

 

「どーゆー言い回しで話したらいいか」とかさ

「どのタイミングでクロージングしたらいいか」とかさ

みんなクロージングの力を磨こうとしちゃってるよね?

 

でも、僕からしたら

そうやって思っているほど凡人の営業マン

 

売れないね。

たいしたことないね。

 

そうじゃなくてさ、

僕から言わせたら、

クロージングなんてどうでもいい。

 


クロージングの前にすでに結果は決まっている


成約するまでに絶対的に大事なのは

クロージングじゃなくて、それまでの過程。

 

クロージングまでの過程で既に99%の結果は決まっている。

そう言っても過言じゃない。

それほどクロージングまでの過程が大事。

 

前に教えたよね?

「褒め殺す」ことと「9割聞いて1割話す」って。

要はこれらができていたら、その時点で成約率はかなり高くなる。

 

忘れちゃった凡人はまずはそっち読んで。

⇒ 【成約率8割の経営コンサルタントが語る営業術】~褒め殺し編~

⇒ 【成約率8割の経営コンサルタントが語る営業術】~9割聞いて1割話す~

 


クロージングまでの過程で何するの?


クロージングまでの過程で

褒め殺したり、9割聞いて1割話したりするわけだけど、

 

要はね、イク寸前まで持ってくの。

で、クロージングでイカせるのね。

 

イク寸前まで持ってたら、ちょっとしただけどもうイクじゃん?

だから、クロージングまでの過程が大事なわけ。

 

わかる?

一瞬で相手をイカせるのって不可能じゃん?

イカせるまでの過程があってから、イクわけじゃん?

 

わかるよね?

だから、イク寸前までもってくのが大事なの。

 


だから、どーゆーこと?


要はね、イクためには相手に気持ちよくなってもらわなければいけないのね。

これは営業でも全く一緒のこと。

本質はいつも一緒。

 

気持ちよくなってもらうためには、

相手がしてもらって嬉しいことをしなければいけない。

 

褒められたら嬉しいよね?

自分の武勇伝を聞いてくれたら嬉しいよね?

だから、褒めてあげるし、武勇伝をずっと聞いてあげる。

そしたら相手も気持ちよくなってイキそうになるから。

 


これも重要ね


言い忘れてたけど、

相手を気持ちよくするにはこれが欠かせない。

 

未来に対してワクワクしてもらうこと。

 

例えば、宝くじで6億円当たったこと想像したことあるでしょ?

家買って、車買って、旅行行って…

 

もうヤバイよね?

想像しただけで興奮しちゃうでしょ?

だからみんな宝くじ買おうって思うわけ。

 

未来に対してワクワクするし、

そこに少しでも可能性を感じるからそうやって行動するわけ。

これは営業でも一緒。

 

相手にこの先の未来を想像してもらうの。

この商品を買ってもらった未来を想像してもらうの。

そうすると相手はもう興奮状態。

欲しくて欲しくてたまんない。

 

そこで、ちょいと背中を押してあげれば

はい、成約。

 

だからクロージングなんてどうでもいいわけ。

クロージングまでの過程が大事

 

これであなたも成約率8割。

おめでとう。

 


まとめ


①クロージングはどうでもいい

②クロージングまでの過程が大事

③クロージングまでの過程で相手を最高潮に気持ちよくさせる

④未来に対してワクワクしてもらう

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。