The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

凡人のあなたと違って、僕の営業はすごいわけ。

なんせ、成約率8割だからね。

しかもモノを売ってるわけじゃないしね。

 

僕、すごくね?

 

前回も書いたけど、まず第一のポイントとしては

褒め殺すこと。

 

前回の記事を読んでない凡人は読んどけ。

【成約率8割の経営コンサルタントが語る営業術】~褒め殺し編~

 

成約率が高いわけだから

みんな僕のことを

「どうせ喋るのが上手いんでしょ?」

って言うの。

 

確かに岐阜なまりの日本語は喋れる。

(正確にいうと東濃弁ってやつ。語尾に「~やら?」ってつく。)

けど、話が上手いかって言ったら別にそうじゃない。

喋りのレベルでいうと凡人級。

さらに言うと、喋るのもあまり好きじゃない。

居酒屋に行ったら、武勇伝をベラベラ喋るヤツいるけど、

僕は静かに淡々とお酒を飲むタイプ。

 

そんな僕でも営業がイケちゃうわけ。

 

なぜか?

 

それは

ずっと相手の話を聞いているから。

僕はあまり喋らない

 

喋るといったら、

・褒めるとき

・質問するとき

・クロージングするとき

ほんとそのくらい。

 

あとはずっと相手の話を聞いている。

9割聞いて1割話すってやつね。

とにかく相手に喋らせる。

すべて喋らせる。

 

でもね、多くの凡人たちは思うのね。

「どうやったら相手が喋ってくれるの?」って。

 

バーカ。

 

そのために褒め殺すんです。

褒め殺したら相手が気持ちよくなって喋るようになるから。

 

さらに言うと、

相手のこれまでの人生や背景を聞くとさらに喋ってくれる。

創業した経緯だったり、

武勇伝だったり、

そしてまたそれらに対して褒め殺すの。

そしたらまじで喋ってくれるから。

 

こうやって相手が喋る体制が出来上がったときに

この一言をぶち込むの。

「絶好調じゃないですか!」

「問題なさそうですね!」

って。

 

そうするとね、面白いことに、

「いやー、実はさ…」

って核心をついた本音を喋ってくれる。

こちらから相手の問題や課題、悩みを聞かなくても全部喋ってくれるのね。

 

凡人の営業マンは、

「こーゆーこと悩んでいませんか?」

「あなたの悩みはこれですか?」

なんて聞いちゃう。

 

そんなこと聞いても見ず知らずの営業マンに

話すわけがない。

 

でも、僕みたいにやったら喋ってくれるわけ。

そしたらそれにあった提案をすれば成約しちゃう。

 

言い忘れてたけど、9割聞くわけだから

聞く姿勢ってのも重要になってくる。

 

聞いているときに、気を付けてほしいことがあって

それは頷く

ただ頷くわけじゃない。

オーバーに頷く。

もう首が折れちゃうほどに頷く

 

そしたら相手もちゃんと聞いてくれてるんだーってなって

さらに喋ってくれるから。

 

首が折れちゃうほど頷く。

これポイントね。

 

ここまでやれば凡人のあなたも成約率8割いくから。

 


まとめ


①とにかく相手に喋らせる(9割聞いて1割話す)

②喋ってもうためには、褒め殺し、相手の武勇伝を聞き、そしてまた褒め殺す

③こちらから相手の問題点や悩みを聞き出さない

④相手が喋ってくれるようになったら、「問題なさそうですね!」ってぶち込む

⑤相手が話しているときは、首が折れるくらい頷く

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。