The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

僕ね、営業での成約率めちゃくちゃいいんですよ。

 

今年に入って11件営業したけど、

そのうち9件決まってるのね。

つまり、成約率8割ですよ。

 

僕、すごくない?

 

しかもどれも高単価のもの。

100万円くらいのものから300万円くらいものまで。

 

さらに言っちゃうと、

モノを売ってるわけじゃなくて、コンサルティングだったり

目に見えないものを売ってるわけ。

 

僕、すごくない?

先に言っとくけど、詐欺はしてないからね。

 

そんな調子に乗っている僕が

営業下手なあなたにその秘訣を教えちゃうね。

 

秘訣はたくさんあるけど、

その一つとして

褒め殺す

 

会って1分以内に

褒め殺す

 

なにがあっても

褒め殺す

 

たとえイラッとしても

褒め殺す

 

相手のいいところを見つけて

褒め殺す

 

どうしようもなくても

褒め殺す

 

本当にこれにつきる。

 

人って褒められると嬉しいんですよ。

これは誰でもそう。

褒められて嬉しくない人なんてこの世にいない。

褒めらているうちに、だんだんと心を開いてくるんですね。

 

よくいるじゃないですか?

営業に行っても、無口で不愛想な人。

怖いなーなんて思っちゃって、

何を喋っても反応が薄い。

 

クソな営業マンはそれにひるんでしまって

営業すらできなくなっちゃうけど、

調子に乗っている僕はそんな凡人と違う。

 

何かにつけて褒める。

 

例えば、

事業内容だったり、

設立年数だったり、

ホームページだったり、

経歴だったり、

ここで注意しなければいけないのが

事業に関係ある話題で褒めること。

 

よくクソな営業マンは

花瓶を褒めたり、絵画を褒めたり、ネクタイを褒めたりするけど、

経験上、それらは意外と効果が薄い。

これがハマる人もいるけど、

僕はそんなの興味ないからそんなことは褒めない。

あくまで事業に関係ある話題で褒める。

 

で、褒めているうちに今まで無口だった人が喋りだすんですね。

そしたらまた褒める。

何か喋るごとに褒める。

「すごいですね!」

「そこまでお考えなんですね!」

って。

 

そんなことを繰り返しているうちに

相手はめちゃくちゃ喋ってくれるし、

心を開いてくれる。

 

そうなればもうこっちのもんですよね。

 

言い忘れてたけど、ただ褒めるだけじゃなくて

その根拠も言ってあげること。

 

「こういう理由であなたすごい」って。

 

根拠があればわざとらしくないですからね。

もちろん嘘をついてまで褒める必要はない。

というか、嘘はダメ。

 

要は、褒めるってどーゆーことかって言うと

相手のいいところを見つけるってこと。

 

営業って相手の問題点を見つけて

それを解決するために何か提案するわけじゃないですか?

 

でもそれって、相手の悪いところ、欠点を探すことになる。

あらさがしですよね。

 

知らない人に自分の欠点を指摘されて嬉しい人います?

いないですよね。

 

相手の欠点を見つけることは簡単だし、

ついついそれに目がいってしまう。

 

けど、僕は営業ってそうじゃないと思う。

相手のいいところをもっと伸ばすためにするものだと思っている。

 

だから相手のいいところを探さなければいけない。

それをさらに伸ばすために提案する。

 

もう一度言っとく。

相手の欠点をなくすために提案するのではなく、

相手のいいところを伸ばすために提案する。

 

この視点を持てば、凡人のあなたも成約率8割。

きっと世界が変わるよ。

 


まとめ


①終始、褒め殺す

②会って1分以内に褒める

③基本的に事業に関係したことを褒める

④褒めるときは根拠をちゃんと言う

⑤嘘をついてまで褒める必要はない。というか嘘はダメ。

⑥相手の欠点を見るのはなく、相手の長所を探し、それを伸ばすために提案する

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。