The following two tabs change content below.
石橋 秀明
葬祭アドバイザー、葬祭ディレクター1級、株式会社ベルフォーエバー代表取締役 全国160件以上の葬祭会館を展開する、大手冠婚葬祭グループの葬祭業を通じて山口県東部のセレモニーを一手にプロデュースし、家族を失くした遺族に寄り添い、大切な人の最期を真心で飾る葬祭アドバイザー兼ディレクター。過去5000件以上の葬儀に携わり、豊富な経験を活かし家族葬から社葬までトータルにプロデュースし、大切な人の最期に故人への感謝と真心の涙を届けつづけている。

スクリーンショット 2015-09-06 21.36.51


・はじめに


葬儀屋の僕が密かに進めていたプロジェクトがついに始動しました。※別に霊感商法とかではないので安心して記事を読み進めてください。


・LINE@集客実践会を開催


シルバーウィークの初日についに開催しました。

集客に悩む「中国地方の小型店舗オーナー」必見!!

たった3ヶ月で店舗売上を1.5倍にする、LINE@集客実践会 in 広島市


LINEの公式アカウントに変わって商業利用可能なLINEの新しいツールとして発表されたLINE@が無料で使用できるという事で、今年になっていろいろと研究に研究を重ね。実験に実験を重ねて来ていました。そのノウハウを引っさげて、この度ついに広島で実践会を開催する事ができました!!

実践会で大いに盛り上がり、

「今後、スクールなどの集客もしていきたいので、もっと勉強したい!」

「アカウントだけ作っていたけど活用の仕方がわからなかっただけど、今回の実践会での内容がわかりやすくて助かりました。」等の多くの反響を頂いております。

まだまだ、ニーズのある分野なので今回の実践会を皮切りに各地でどんどん開催して地方の集客に悩む、小型店舗や中小起業の経営者の皆様のお役に立ちたいと思っています。

S__6619144


・LINEとLINE@の違い


みなさんも普段利用しているLINEは生活になくてはならないコミニュケーションツールの一つではないでしょうか。そのLINEがビジネスに活用できるとしたらめちゃくちゃ効果的な集客が臨めると思いませんか??

ただし、LINEは商業利用は禁止されているのです。よく美容院などでLINEを使ってお客様の予約なんかを取っているお店がありますが、厳密にいうとこれもNGです。

そこで、商業利用可能なLINEツールとして開発されたのがLINE@です。現在、LINE@はキャンペーン中でして無料で始めることが出来ます。なので、やらない理由はないわけです。

では、LINEとLINE@って具体的に何が違うの?!大きく違うところはLINEは個人対個人のやり取りをしますが、LINE@では個人対複数に情報発信できるというところです。そう、一発メッセージ送ったら登録者全員に一気にメッセージが届くのです。

そして何より既読率がめちゃめちゃ高いという事です。ある、ストアではメルマガの既読率が3%に対してLINE@の既読率は60%もあるというのです。このお店の場合はメルマガの20倍の既読率です。20倍ですよ。すごくないですか?!

今回、実践会開催記念としてLINE@を活用して効果的な集客を行うための手法をLIFE読者に限定公開しちゃいます。


・LINE@を始める前にやっておきたい3つの事



1.友達追加時の特典を決める


スライド044

LINE@では友達という登録者を増やす事が、なにを差し置いても一番重要なことです。これはメルマガで言う所のメールアドレスのリストを集めるようなもので読者がいないメルマガで情報発信しても無意味なのは皆さんもわかるかと思います。

ですので、友達を集めることが重要なのですが友達(お客様)に友達登録してもらう時に特典があった方が登録してもらいやすいと思いませんか?!そうここでいう特典はLINE@のアカウントに友達なってもらった時のお礼です。例えば、喫茶店なんかでしたら「今、LINEのお友達募集中です。友達になって頂いたお客様には次回来店時にコーヒー1杯サービスします」みたいな感じです


2.配信スケジュールを決める


スライド046

次に重要なのが定期的にメッセージを配信するということです。配信があったりなかったりするLINE@はお客様から見た時にスルーされやすいので事前に配信スケジュールを決めておくと良いです。このスケジュールは業種によって変わってくると思いますが、僕の場合だと友引の3日前とかに配信します。友引は葬儀がないので会館の見学が出来るので見学会や終活セミナーの案内を送っています。

葬儀に例えたらわかりにくいって?!

飲食店のお店なら売上が下がる月曜日にランチタイム前の10時くらいに美味しそうなパスタの写真と一緒にコーヒーサービスのクーポンをつけて配信したりすると集客効果が高いですね。それから、LINE@の機能に配信予約できる機能があるのでこれは便利です。メッセージを予約しておけば仕込みで忙しい時間帯に手を取られることなく配信できます。


3.基本メッセージを作成する


スライド048

そして最後は友達登録をしてもらった方に自動返信でメッセージが届きます。このメッセージは最初は定型文が用意されているのですが自分のお店にあった内容で作り変えることをオススメします。内容は自己紹介やキャッチフレーズ、紹介文、自慢できること等を100~200文字くらいで考えるといいです。そして最後にお好きなスタンプを返してね。と締めくくってください。

これはなぜかというと、LINE@では友達追加を誰がしてくれたかが登録時点では確認できないのです。これを確認する方法がその相手とトークのやり取りをすると登録者がわかるのです。ですので、スタンプの返信を促すと良いということです。

さぁここまで準備出来たら、はじめて登録作業に入っていきます。

いかがですか?登録前の作業だけでもこれだけのステップがあります。LINE@を有効的かつ効果的に活用しようと思ったら僕の実践会に参加されることをオススメします(笑)なんといっても葬儀という宣伝しにくい業界でLINEを使って集客しているんですから。

この記事を書いた人

石橋 秀明
石橋 秀明
葬祭アドバイザー、葬祭ディレクター1級、株式会社ベルフォーエバー代表取締役
全国160件以上の葬祭会館を展開する、大手冠婚葬祭グループの葬祭業を通じて山口県東部のセレモニーを一手にプロデュースし、家族を失くした遺族に寄り添い、大切な人の最期を真心で飾る葬祭アドバイザー兼ディレクター。過去5000件以上の葬儀に携わり、豊富な経験を活かし家族葬から社葬までトータルにプロデュースし、大切な人の最期に故人への感謝と真心の涙を届けつづけている。