The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

もうね、題名の通り。

あるんですよ、実際に。

 

暴行事件。

 

これは僕のクライアントで起こった。

そこはかれこれ15年くらい経営している京都の某会社。

業績も毎年あがっており、

店舗展開もし、すごく順調に見えた。

 

そんな会社の社長から

「社員のモチベーションをもっと上げてほしい。社員たちと飯行ってくれない?」

と頼まれた。

 

僕にとったらそんなのお安い御用。

即、「行きます!」と返事。

そして当日、待ち合わせの駅に着くと、

幹部さんたちがお迎えに来てくれた。

 

そして居酒屋に。

 

そこにきた社員は4人で、

どの方もめちゃくちゃ仕事できるし、

社長が将来期待しているメンバーたちだった。

楽しく会食をし、最近の状況やたわいもない話で盛り上がった。

「みんなめちゃくちゃモチベーション高いじゃん」

って思ってた矢先、

ある社員が、

「実は相談があって…」

 

キタ――(゚∀゚)――!!

 

「辞めるのか!?」

なんて思いながら話を聞いてみる。

すると、

「社長の暴力がひどいんです」

 

キタ――(゚∀゚)――!!

そうきたか。

 

なんとそこの会社では日常的に

社長が社員に暴力をふるっていた。

しかも、ただ殴るわけではない。

標的の人物を社員に壁に押さえつけさせて殴るわ、蹴るわ。

もうリンチ。

 

 

別に毎度特定の人物が殴られるわけではない。

ミスした社員が標的になる。

 

でも誰も社長に対抗できない。

だって、対抗したら自分がやられるから。

「会社辞めればいいじゃないですか?」

って僕は単純に思ったわけですよ。
別にその会社じゃなくても

やりたいことはできるわけだし、

嫌な環境に身を置く方がその人にとって良くない。

だから単純にそう思ったわけですよ。

「辞めれないんです・・・」

何度か辞めようと試みた社員もいた。

しかし、社長がOKしてくれない。

無断欠勤もしてみた。

だけど、社長が家までくる。

なにより、社長が怖い。

 

もうね、愛がねじ曲がったストーカーみたい。

気持ち悪い。
結局、この会社がなぜこんな風になったのかというと

社長が一人で全部やろうとしてたんです。

 

というか、社員を信じてなかったんですね。

すべて社長が思い通りにならないと気が済まないタイプ。

確かに、会社を創ったからには自分の理想を追求するのは当然のこと。

それがないと会社は前に進まない。

 

しかし、この会社の場合、

社長は自分しか会社を成長させる人間はいないと勝手に思い込み、

社員をそれを邪魔するものとしか思っていなかった。

 

だからミスをする社員に対しては

暴行を加え、自分以外の存在を認めなかった。

 

「だったら一人でやればいいじゃん」

って思うけど、

結局、社長一人じゃ何もできない。

社員がいるから今の会社がある。

社長がそれを分かっていない。

暴行を加えるような社長は少ないと思うけど、

同じように社員を信じていない社長は多いんじゃないでしょうか?

意外と社長一人じゃ何もできませんよ。

社員に感謝。

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。