The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

僕は長年経営コンサルタントをやってきて

さまざまな業種を見てきたし、

いろんな規模の会社も見てきた。

会計系のこともやったり

人事系もこともやったり

組織系のこともやったり

いろんなことをやってきたわけですよ。

 

 

社長とケンカするときもあれば
説教したこともあるし

いろんな経験を積んできたわけです。

 

そのような経験を積んで、いまは独立してやっているわけですが、

僕の行きついた結論として一つの答えがある。

それは、

「やっぱり【理念】って大事」

ってこと。

 

理念ってアレですよ。

会社の存在意義だったり、目的だったり、方向性だったり。

「何のために会社があるんですか?」ってこと。

 

この理念が会社の軸になり、根本になってくる。

 

だからその根本がない状態では企業は成り立たない。

しかし、それなのに理念がない会社が多いのは事実。

言い換えると、存在意義のない会社が多いってこと。

そんな会社で働きたくないですよね。

僕だって、そんな行き先のわからない会社では絶対に働きたくない。

 

「こちらの船は今から遭難します(^^)/」

 

そんな船には絶対乗りたくないですよね。

 

本来、理念がなければ、ビジョンもあるわけないし、
ビジョンがなければ、計画なんて作れないし、
計画がなければ、そこに戦略なんて存在しえない。

 

にも関わらず、理念がないのにいっちょ前に
戦略っぽいものが存在している会社がある。

 

理解しがたいし、そもそもうまくいかない。

 

それほど理念って大事。
これを読めば、会社にとっての理念の大切さを
わかってもらえると思うけど、

でもこれって別に会社に限った話ではないですよ。

 

 

実は個人も全く一緒。

 

どういうことか?

 

ハッキリ言って、個人でも理念がなければ成功しません。
企業でいう理念は、個人でいう【生きる目的】にあたる。

「そんな大それたこと考えたことない」って言われるかも
しれないけど、別にそんな大それたことじゃない。

 

「あなたは何のために生きていますか?」

「この人生を通して何を成し遂げたいですか?」

 

ってこと。

 

大きいか(笑)

まあいいや。

自分のなかで生きる目的や使命感が明確ならば人って頑張れる。

マラソンランナーだってオリンピックでたいって思っているから
あんな尋常じゃない距離を走れるし、あんな練習を頑張れる
わけですよ。

高校球児だって、甲子園があるから、あそこまで頑張れるわけ。

マラソンの例でも、高校球児の例でもそうだけど、
仮に試合がなかったら誰もあそこまで頑張らない。

その先の世界が見えているからこそあそこまで頑張れる。
だからこそ目的って大事。

それがなければ、当然のようにそこに到達するための
道のりなんて考えられない。

これから起業したい人もそう、副業で稼ぎたいって思っている人
も、会社員として頑張りたいって人も皆全く同じ。
「何のために起業するのか?」

「何のために稼ぐのか?」

「何のために働くのか?」

その目的とその先の世界観が明確でなければ、
それに対して本気で臨めないし、
臨んだところで、どうせうまくいかない。

起業して10年後、生き残っている会社が6%しかいないというのは
その所以でしょうね。

ネットの副業で稼げない人が95%を占めるのも、
そーゆーことなんでしょうね。

だから個人としても【生きる目的】を再度見つめなおしていただきたい。

その一点を見つけ、その世界観をイメージできれば
必ずそこにたどり着ける。

それでも「どうやって見つけたらいいかわからないよ」というあなた。
一度これを考えてみてほしい。

 

「あなたは余命半年と宣告されました。
この半年間のうちにやっておきたい事は何ですか?」

 

これに答えることによって
ある程度自分の中の目的や、本質部分を見れるじゃないでしょうか?

企業も個人も成功するための本質って一緒ですね。

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。