The following two tabs change content below.
青山 龍之介

青山 龍之介

サラリーマンブロガー。1987年生まれ。 早稲田大学大学院での応用化学専攻を経て、一部上場企業の広報として活躍。年間100組の来客対応や電子書籍出版の経験を元に、会社に依存しない生き方・働き方を提唱している。

サラリーマンであれば今後の生活の不安もあり、
積極的に貯金をしている人も多いと思います。

収入の+αというと、残業代とボーナスに依存せざるを得ない給与体系なので、
そこからいかに出費を減らして貯金を増やすか、
と考える人も当然いると思います。

なかには、出費を減らすスキルとして、
節約した結果貯金ブログを書いている人もいますね。

ですが、私は若手であればあるほど、
貯金をする必要も無ければ、それをブログで発信することもないと思います。

今回は、サラリーマンこそ貯金・節約ブログを書くデメリットをお伝えします。


①出費を減らすことだけを考えてしまう


ブログを書くことで、
「今月は●●円節約し、■■円貯金できました」
と情報発信をしていくこともできます。

しかし、文字にすればするほど、
貯金したお金の使い道ではなく、
貯金することが目的になりかねません。

むしろ、本来ならば、
どうしたら収入を増やせるか、
を考えた方が圧倒的に実践的です。

ブログを書いて収益を創ってみる、
不要なものを売ってみる。

貯金以外にもお金を生み出す手段はありますよね。

まずもって「ーマイナス」に目を向けるのではなく、
「+プラス」に目を向ける習慣をつけていきましょう。


②貴重な体験をする機会を損失してしまう


貯金・節約ブログを書いていくことで、
より計画的に保守的なお金が増えていきます。

たとえば、滅多に行けない旅行のチャンスだったり、
旅行先での貴重な体験を目の当たりにした場合、
貯金・節約を意識するあまりにお金を出せない、
というマインドにもなりかねません。

一生に一度の経験になるかもしれないことを、
貯金という名目で損失してしまうのはもったいないですよね。

使う時は、自己投資と思って思いっきりお金を使いましょう。


③貯金・節約が目的になってしまう


目的を持って楽しく貯金できればいいのですが、

貯金におけるエッセンスをブログに落とし込むことで、
貯金することが目的になりかねません。

まずは、貯金の先の目標を設定しましょう。

結婚資金、親孝行、養育費。

先の目標に向けての手段が貯金だけでもないでしょうし、
そこが弱ければ貯金も続かないでしょう。

私としては、堅実すぎる貯金をするくらいなら、
経験を買ったり、移動時間をお金で買います。

人生は有限ですので、
以下に貯金したぜ!という発信ではなく、
貯金の一部を●●に使ってみた!と言う方が、
人生が有意義になると思ってます。

貯金ブログを書く前に、その先に描いているものを発信してみましょう!

この記事を書いた人

青山 龍之介
青山 龍之介
サラリーマンブロガー。1987年生まれ。 早稲田大学大学院での応用化学専攻を経て、一部上場企業の広報として活躍。年間100組の来客対応や電子書籍出版の経験を元に、会社に依存しない生き方・働き方を提唱している。