The following two tabs change content below.
石橋 秀明
葬祭アドバイザー、葬祭ディレクター1級、株式会社ベルフォーエバー代表取締役 全国160件以上の葬祭会館を展開する、大手冠婚葬祭グループの葬祭業を通じて山口県東部のセレモニーを一手にプロデュースし、家族を失くした遺族に寄り添い、大切な人の最期を真心で飾る葬祭アドバイザー兼ディレクター。過去5000件以上の葬儀に携わり、豊富な経験を活かし家族葬から社葬までトータルにプロデュースし、大切な人の最期に故人への感謝と真心の涙を届けつづけている。

葬儀のお供え物で

花輪(はなわ)という物がある。

ph-hanawa

よくパチンコ屋さんの表に飾ってある、あれです。

パチンコ屋さんのはお祝い用の花輪です。

お悔やみ用の花輪というのもあってお供えします。

最近では家族葬が増えている事もあり

表に飾る花輪はあまり好まれず。

式場内に飾る生花をご用意する事が多い。

全国的にこのような傾向があると思います。

しかし、関西ではこの花輪(はなわ)の代わりに樒(しきび) 

という物をお供えする。

この樒(しきみ)ですが、地域によっては樒(しきび)と読む所もあったり

花柴(はなしば)という地域もあります。

shikimi1

さて、関西でお供えする樒(しきみ)ですが

これにもいろいろと種類があります。

生しきみ、板しきみ、紙しきみ

と3種類もあります。

生しきみとは、植物のしきみを柱状に縦長く刺した棒を並べるという物で

だいたい、5000円くらいでお供え出来ます。

ちなみに、花輪の価格の相場は10000円~20000円でしょう。

板しきみですが、板にお供えをする人の名前を書いた板を

式場の表に並べるという物です。

価格は2000円とかで、僕が勤めていた大阪府羽曳野市では

この価格の半分の1000円は葬家へお渡しする。

最後に紙しきみですが、こちらは板に変わって紙にお供えをする人の名前を書いて

表に張り出します。

こちらは自治会で運営していてお供えの価格の1000円は自治会の収入源となる。

樒(しきみ)は関西だけの習慣で、

一般的に葬儀の際に表にお供えするのは花輪(はなわ)ですが

樒(しきみ)には関西ならではの知恵と住んでいる地域を大事にする

心がつまってます。

写真引用 http://shinjyosousai.com/funeral/flower.php

     http://www.hikari-group.jp/hakkousha/shouhin_h.html

***********************

~過去5000人の死に直面してきたから見える世界~

インタネットを活用して葬儀業界に革命を起こす!!

☆喪主の救世主で葬儀業界の異端児☆

【いしばしひであきの終活のススメ】

※1級葬祭ディレクター

※葬儀社歴21年

ご葬儀コンサルタント 石橋秀明

友達申請お願いします↓↓↓

https://www.facebook.com/hideaki.lshibashi

***********************

Click edit button to change this text.

この記事を書いた人

石橋 秀明
石橋 秀明
葬祭アドバイザー、葬祭ディレクター1級、株式会社ベルフォーエバー代表取締役
全国160件以上の葬祭会館を展開する、大手冠婚葬祭グループの葬祭業を通じて山口県東部のセレモニーを一手にプロデュースし、家族を失くした遺族に寄り添い、大切な人の最期を真心で飾る葬祭アドバイザー兼ディレクター。過去5000件以上の葬儀に携わり、豊富な経験を活かし家族葬から社葬までトータルにプロデュースし、大切な人の最期に故人への感謝と真心の涙を届けつづけている。