The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

 

経営者と社員との間には大きなギャップがある。

それは立場の違いもからもくるし、責任の違いからもくる。

経営者は経営者を辞めて転職する選択肢はないが、
社員はいつでもその選択肢を持っている。

経営者は毎月25日が恐怖だが、
社員は毎月25日が待ち遠しくて仕方がない。
業績が悪かろうと必ず入金があるから。
だからギャップはなくならない。

しかし、経営者は社員にこの気持ちを少しでも分かってほしいものだ。

よく社長は社員に対して、「経営者意識を持て」って言う。

社員全員がそれを持ってくれたらどれだけ嬉しいだろう。

会社のことを自分事として捉え、
皆で事業を進ませることできる。

業績がいいとき皆で喜びを共有し、
業績が悪いときは皆で痛みを分け合う。

こうなったらどれだけ素晴らしいことか。

 

しかし、現実はそうはいかない。

社長が社員に「経営者意識を持て」って言えば、
社員は「わかりました」って言うものの、実際にその意識を持つには程遠い。

業績が良ければ、ボーナスを要求され、
業績が悪ければ、転職を考えだす。

ちょっと頑張って働いてもらえば、ブラック企業のレッテルを貼られ、
もう経営者がかわいそうで仕方がない。

 

じゃあ、経営者はどうすればいいのか?
それは、皆に分かってもらおうという考え方を捨てればいいだけ。

もちろん皆にわかってもらうに越したことはない。

しかし、それは経営者の単なるエゴ。
万人に対して考え方をすべて理解してもらえるのだったら、一瞬で巨大な宗教をつくれてしまう。
でも実際はそうはいかない。

 

だから経営者がやることは、まずは自分の考えを理解してくれるその一人をつくることだ。

それが、【NO2】にあたる。

 

多くの中小企業をまわる中で、意外と社長の【NO2】がいないことに気づく。

役職上のNO2はいるが、真のNO2は不在なことが多い。

 

だからまずは社員全員に対してという考え方を捨て、
NO2をつくることに専念すること。

もちろんNO2がいない会社が多いわけだから、
NO2をつくることは容易ではない。

 

しかし、逆にNO2さえ作ってしまえば、
社長の考えを理解してくれることはもちろん、
共に事業について本気で考えるわけだから、
喜びは倍増し、痛みは分け合うことはできる。

 

さらに現場を任せることもできるようになるわけだから、
経営者も未来へと新たな動きをとれるようになる。

 

皆に分かってほしいという経営者の気持ちもよくわかる。
でも、まずやるべきことはそうではない。

その一人に分かってもらえなければ、皆に分かってもらえるはずがない。

だから、まずはその【一人】をつくること。

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。