The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

 

経営者って当たり前のようにその業界に精通している。

レベルの差はあるけど、長年その業界でやってきてる人が多いわけだから、
そらそうだ。
その業界に長年浸かっているとどうなるかというと

もちろん業界の知識は天下一品。
コンサルをやっていると言えどもその業界については初心者の僕には歯が立たない。

業界独特の知識や裏話、なんでも知ってる。
しかし、その代償もある。

それは何か?
そう、井の中の蛙になってしまっている、ことが多い。
業界の常識は実は外の世界の非常識であることもあるが
それを知らなかったり、

業界の風習を当たり前と思っているから
それを外の世界の常識だと思っていたり、

もう視野がめちゃくちゃ狭い。

狭いというか狭くなってしまう。
さらに、業界やそこの製品の知識を豊富に持っているもんだから、
それをスタンダードだと思い込んでしまっている。

だからお客さんもある程度のレベルの業界知識や商品知識等を
持っていると、勝手に解釈してしまう。

そうなるとお客さんの視点をもう持ち合わせていないわけだから
【売れないスパイラル】に陥る。
会社の壁には【お客様第一主義】なんて貼ってあるけど、
書いてあるだけでそんな視点を誰も持ち合わせていない。
唯一持ち合わせている人がいるとすれば
他業界と積極的に交流している人か、
何も知らない新入社員くらい。
お客様の視点を持たなければ
お客様がどのような感情で、どのような行動フローで
その商品に辿り着くかすら考えることができないから
そもそもマーケティングなんて存在しなくなってしまう。
だから古くからのやり方を周到するしかない

「昔からうちはこうやってるんだ」
「このやり方でうちは伸びてきたんだ」

なんて言っちゃって、【売れない】が続く。

じゃあどうすればいいかって、
いたって単純で、視点を業界から話して、
素人だったらどう買うのかって考えればいいだけの話。
とはいっても、そうやって書くのは簡単だけど、
実際にそれを落とし込むのは難しい。
でも、そうやっていかないと
いつまでたっても売れません。
あなたの会社はいかがですか?

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。