The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

起業するなら誰しも倒産させたくないと思ってする。

これは当たり前。

しかし残念ながら、すべて企業が永遠に存続するわけではない。

 

そこで今回は、倒産させてしまう社長、赤字会社の社長の共通点を
僕なりに書いてみる。

今まで多くの社長さんに会ってきたけど、
様々なタイプの人がいた。

超マジメな方や、ひたすら遊んでる人。
会社に一切行かない人。

いろんなタイプの社長がいる中で、
赤字企業の社長の共通点として
言えることがある。
それは

【数字を把握していない】

ということ。

特に、会計の話になると答えられない人がほとんど。
別に、税理士のように細かく読める必要はない。

けど、把握していなさすぎる。
ほとんどの経営者は
「売上がいくら」、「利益がいくら」と
売上と利益には注目している。

(※売上と利益すら把握していない社長は論外)

確かに売上と利益は大事。
これがなかった企業は存続できない。
しかし、会社の数字はそれだけじゃない。

多くの経営者は、自分が何にいくら使ったかを全く把握していない。

経営者がよく言うセリフとして
「なぜかお金がないんだよね」って。

バカみたいな話かもしれいないけど、
「なぜかお金がない」症候群が多くの中小企業で蔓延しているのが事実。

「なぜかお金がない」なんてありえないんだけど、でも実際にこれが起きている。
要は、経営者が何にいくら使っているか把握してないだけなんだけど。

そして月末になって「ヤバイ」ってなる。

で、銀行に融資を申し込んだり、リスケしてもらったりと、
まあそんな感じ。
企業の会計って難しく感じるかもしれないけど、
実はそんなことなくて、
個人の財布と全く一緒。
ただ支出、収入の回数と金額が大きくなるだけの話。

個人だったら、給料入って、今月支払いがいくらあるから
今月はいくらしか使えないなーって計算するじゃないですか。

当たり前ですよね。

しかし、会社となるとそれが大きくなって煩雑になって
「めんどくせー」みたいな感じで、把握できなくなってくる。

で、把握してないもんだから
「なぜかお金がない」なんて現象が起きる。
当たり前のことなんだけど、その当たり前をしなくなってくる。
当たり前って大事。

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。