The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

10年間で生き残っている企業は6.3%

ということは全企業の中で
順調にいくところももちろんあるわけ。

投下した資本も徐々に回収でき
事業が軌道に乗りはじめる。

経営者も一息つく。
「さて、次の展開は、」と
経営者も考えるはじめるわけです。

ここでありがちなのは、

「よし、次は飲食店だ」

と本業とは全く関係ない飲食事業に乗り出そうとする経営者。
ちょっと待った!!

これがありがちな失敗。

経営者は仲間が好きだ。
自分の考えに賛同してくれる人や
慕ってくれる人。

そのような人たちと多くの時間を共有したいと
思っている人は少なくない。

じゃあ、そのような人たちが集まれる場所を
つくったらいい、という発想から飲食店、特に居酒屋を
つくろうとする。

「どうせ毎日飲むんだから、どうせっだったら自分のお店にお金を落としたい。」

「社員も使ってくれるだろうし。」

「衣食住は絶対なくならないから大丈夫だろう」

 

一番の戦略家であるはずの社長が、
そのような安易な発想をする。

 

実は、飲食店は他の業界よりも
廃業率が高い。

 

開店して2年未満の廃業率が、なんと約50%

半分もの飲食店が一瞬で潰れてしまう。

 

というのは、
飲食店は初期投資が高いうえに、
それを回収するまでに長期間かかる傾向がある。

オープンしたときは、オープン景気みたいな感じで
多少なりともお客さんはくるが、
結局は、利益率も低いし、上限が見えているビジネスモデル。

もちろんそれでも上手くいくところは上手くいっているが、
でも、本業がありつつも、本業とは全く関係ない飲食店をやる場合は
そんな上手くいかない。

だって、飲食店経営の初心者がやるわけですから。

たくさんの企業を見ていて、
本業とは関係ない飲食店をやる経営者は

多くの場合、本業ででた利益を食いつぶし、
数年もたたずに廃業する。

 

飲食事業を廃業させた経営者は、
「高い授業料だった」とみな言うが、
それはただの過信した結果。

 

当たり前のことだが、
まずは本業を固めること。

そして次に本業から派生したものをやる。

それでも飲食店をやりたいのなら

そこに命をかける。

 

片手間の飲食店には無理がある。

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。