The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

 

「僕は孤独だ」

「社員は誰も僕の気持ちを分ってくれない」
経営者と話していると
よく聞くのが、このフレーズ。
【経営者は孤独だ】

この言葉を頻繁に聞く。
果たして、経営者は本当に孤独なのか?
確かに、それは否定はできない。

社員と立場が違うために、
責任も重さも全く違う。
仮に会社が倒産すれば、
社員は転職することができるが、
経営者はそんなわけにいかない。

一人で大きな責任を負い、
逃げ出すことができない。

だから、その責任の重さは
経営者にならない限り、理解はできないだろう。

そういった意味で、孤独ともいえるかもしれない。
しかし、それがすべてではない。

というか、それは初めから分かっていた話。

社員もそんなことを知っているだろうし、
経営者はそれを分かっていて、その道を選んだ。

だからそれを社員にすべてを分かってもらいたい
というのは、単なる経営者のエゴ。

その立場にならないと絶対に分からないことだから。

多くの経営者とお話する中で、感じることがある。
「経営者は孤独だ」

なんて、自分で言っちゃう経営者にろくな人はいない。

そうやって言葉にだす経営者はそれをどこか美徳と感じている。
そう、あれと一緒。

「今日全然寝てなんだよねー」
って、寝ずに頑張ってるアピールをする人と全く同じ。
本当に頑張っている人は
自分のことを「頑張っている」なんて言わないし、
そもそも逆に「まだまだ」って思ってる。
「経営者は孤独だ」って言っちゃう人は
逆に捉えたら、

「NO2をつくる力がありません」
「NO2をつくる努力してません」

って言っているのと同じ。
うん、ダサい。
だから、孤独になるのも孤独にならないも
すべて経営者からの働きかけ次第。

社員からのベクトルを意識するのではなく、
社員に対するベクトルにフォーカスすることで
それは必ず解消される。
向きを間違えないように。

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。