The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

僕はコンサルをしている中で、
社員さんにヒアリングをする機会がある。

というのは、経営者だけから話を聞いていると
経営者は自分にとって都合がいいことしか言わないことが
多いために、

真実を知るために社員さんからヒアリングをする。
でも、僕にとったら
この社員さんからのヒアリングが一番怖い。
なぜかって
社員さんが会社の黒い部分をぶっちゃけるから。
いままでヒアリングした会社の中で一番怖かったのが、
岐阜県にある某板金屋さん。

そこの社長からは
「会社の現状を社員さんから聞いてほしい!」
と、ノリノリで依頼があったのでヒアリングをすることにした。
差しさわりない話から入り、
楽しく話を進める。

徐々に徐々に本題に入りながら、
30分たったくらいから
核心部分に入る。
「ぶっちゃけ社長のことどう思いますか?」
「いやー、正直何を考えているかわからないですよね」
「自分で言ったこともやらないし」
「言ったこともすぐ変わるし」
これはよくある組織状態。
社長が意図していることが伝わっておらず
社員が会社の方向性や社長の考え方を
全く理解できていない状態。

これは社長が伝えていないんだなと、思いながら、
最後の質問へ。
「最後に、社長にこれだけは伝えておきたいことありますか?」
・・・
・・・
「死ねって思いますね」

キターって感じ。

経営者に不満を持っている社員は正直多い。

というのは、経営者が伝えるべきことを伝えていなかったり、
一回伝えたら伝わっているだろうと思っていたりと
さまざま理由はある。

これは経営者に責任はあるし、
立場の違いから起こることだから仕方ない部分もある。

最終的には、それをなくしていかないと
企業としての発展は望めないが。
しかし、「死ねって思います」と言われたのは
このときが初めて。

それ以前ももちろんそんなことはなかったし、
それ以降もない。
だから正直にびっくりしたし、それ以上に怖いと思った。

結局、この会社は、理念という会社の目的が
名目上あるだけで、何も機能しておらず、

会社としての判断基準は、ただ単に【社長の感情】だった。
だからそのような不満もあがってきたし、
罵声もあがってきた。
あなたの会社は大丈夫でしょうか?
会社としての方向性が不明確であれば
このような形で社員から返ってきますよ。
お気をつけて。

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。