The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

10年後に生き残っている会社は、わずか6.3%

限りなく少ない。

 

潰そうと思って創業する人なんてまずいない。

それでも9割の会社が潰れてしまうのは、事実。

 

しかし、そこに手を打つことはできる。

 

それは潰れてしまう会社の失敗例を把握しておくこと。

 

コンサルをしている中で、

潰れてしまう会社の共通点を僕は見つけた。

 

それは何か?

 

実は、10年以内に潰れてしまう会社の

ほぼすべての企業に言えることだが、

 

【社長が現場にいる】

 

ということ。

 

 

社長がトップ営業マンでもあり、

会社内部の仕組みをすべて考え、

結局は、社長一人で頑張っているような状態。

 

こんな企業は例外なく

いつか頭打ちにきて、消え去っていく。

 

 

もちろん、創業段階から社長が現場を離れることは無理。

むしろ創業段階では、

社長がトップ営業マンでもあるし、

経理担当でもあるし、

教育担当でもあるし、

すべての役割を担っている。

そうしないと、会社はまわらない。

 

社長が立ち上げた会社なんだから

社長が一番仕事ができるし、

社長が一番売上をあげるし、

社長が一番会社のことをよくわかっている。

 

だから、初期段階では社長が

すべての役割を担って、現場のトップをはっていかなくてはいけない。

 

これは当然のこと。

 

 

しかし、いつまで一人で頑張り続けるんだろうか?

 

 

経営者の本来の役割は、

いま目の前の売上をつくることでなければ、

いま目の前の問題を解決することでもない。

 

 

経営者の本来の役割は、

この先に会社が進むべき道のかじ取りをすること。

要は、未来を創っていくこと。

未来に対して時間を使わなければならない。

 

 

しかし、ほとんどの経営者は

今に追われ、今に時間を使っている。

このような状態だと悲劇に見舞われる。

 

 

会社が軌道にのりだし、

成長期をむかえているときこそ、

そこに甘んじるのではなく

次のステージに行く準備をしなければならない。

 

 

そう、それが【現場を離れる準備】であり、

【未来への時間をつかう比率をふやすこと】

 

 

さて、次のステージにいきましょうか。

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。