The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

前回の記事で、

10年以内に潰れてしまう企業は、「当初持っていた事業の目的が消え失せてしまっている」

ということを書いた。

(前回の記事 ⇒ http://charisma.media/post/journal/business/14170.html )

 

企業における事業の目的とは、言い換えればその企業の【理念】にあたる。

 

しかし、ほとんどの企業は【理念】を掲げている。

実際に僕が訪問した企業で理念がなかったところは

創業間もない会社以外ではなかった。

 

要はほどんどの企業には理念がある。

 

しかし僕から言わせれば、それは「本当に理念だろうか?」ということだ。

 

どういうことか?

 

経営者に「御社の理念は何ですか?」と聞くと、

一字一句正確に答える人は意外と少ない。

さらに、それをごまかすかのように長々と話してくる。

 

続けて、「何で理念を作ったんですか?」と聞くと、

「作った方がいいかなと思って、一応作ってみた…」

「HPに書かなくちゃいけなくて…」

「稲盛さんが言っていたから…」

とか、もうテキトー。

 

そのレベルだったら「理念なんて掲げなくていいのに」と思ってしまう。

 

そもそも【理念】とは、

その会社が事業をする究極的な目的であり、企業の存在意義。

とても崇高なもの。

で、あるハズ。

 

しかし、ほとんどの企業は【なんとなくの理念】である。

それで理念と言えるのだろうか?

 

いや、言えないね。

 

じゃあ、そもそもなぜ理念は必要なのか?

 

それは一言でいえば、【目的】だから。

 

これは当たり前の話。

目的がなかったら進めない。

誰がゴールのないマラソンを走ろうとするのだろうか?

誰も走らない。

これは誰しも分かっていること。

 

高校球児がなぜあそこまで練習を頑張れるのか?

朝練をして、夕方にも練習をして、帰宅してから素振りをし、寝る前に筋トレをする。

傍から見たら頭がおかしいんじゃないかって思う。

でもそこまで頑張る。

 

それは単純に甲子園に出たいから頑張れるのであって、

仮に甲子園がなく、試合すらないという状態だったら

誰もあそこまで頑張らない。

これも当たり前の話。

 

しかしこれが会社組織になると、おかしなことになる。

【目的】がない。

【目的】が消え失せる。

 

スポーツとビジネスは一見違うように見えるが、実は同じ。

そこに人が集まって、組織をなす。

 

なぜスポーツには目的があって、会社にはないのか。

同じ組織である以上、そこは変わらないはず。

目指すべきものがなければ、誰も頑張れない。

頑張ろうと思わない。

 

だから【目的】は必要。

それが【理念】になる。

 

あなたの会社には本当の【理念】はありますか?

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。