The following two tabs change content below.
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」 人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?

【ピンチがチャンス。すべて俺に任せろ!】

■9回裏 ツーアウト・ランナー2,3塁
1点差でなんとか勝っているが、サヨナラのピンチ!

 

■9回裏 ツーアウト・ランナー2,3塁
1点差で負けているが、自分がバッター。チャンス!

 

 

さて、みなさん、こんなときどう思います?

 

 

私は、ラッキー♪

守備であれば、自分のところに全部ボール飛んでこい!

 バッターであれば、さよならだ~!

と思ってしまいます。

 

 

ただの目立ちたがりやかもしれませんね(笑)

でも、こんな機会なかなかありません。

 

38歳、今でも野球を楽しんでいます♪♪

 

ちなみにチーム名は写真の通り“天然温泉”です。

冗談のようですが本当です。

私も最初は冗談と思いました(^^♪

 

 

 

・野球ができる環境に感謝。

・月1,2回、仲間と会えることに感謝。

・勝利のビールにカンシャ(これは不要ですね)

 

 

そのような、”感謝”、”感謝”、”カンシャ”がたくさんある状況で、

最後のバッターもしくは守備、最高じゃないですか!

チャンスじゃないですか!

…と思っています。

 

 

 

エラーしようが、三振になろうが思い切ってプレーをします。

守備であれば、ビビって、ゴロのボールを待って

へんなバウンドでボールをとり苦しい体制でボールを投げて暴投するより、

思い切って前に出て、多少強引でも自分の好きなバウンドでボールをとり、

100%のちからでファーストミットにめがけて投げる!

 

 

 

バッターであれば、初球のストライクボールをおもいっきり振る!

書きながら興奮してしまいました。

 

 

 

その結果は、あとでついてきます。

ビビってネガティブな行動で行った結果と

ポジティブな行動で行った結果では、全然違います。

 

 

まず、周りの環境が変わってきます。

野球であれば

味方の場合、

「あいつに任せろ!」

「あいつまでまわせ」

「シュート(変化球のこと)でつまらせてあいつのところに打たせろ」

 

 

敵の場合、

「あいつにまわすな」

「あそこにうつな」

 

となり、最終的には私の描く結果になります。

 

 

 

思考は現実化するのだから・・・。

これはビジネスでも同じですよね。

ポジティブな行動には結果が付いてき、また、人も付いてきます。

 

 

仕事で困った案件が出てきた場合、

「私に任せて下さい!」と言える人であれば、

例え、たまたま結果が駄目でも、誰もとがめませんし、

そもそも失敗することはないのではないでしょうか?

 

 

その人には人が付いてきているので、みんなで協力し結果が出る。

どちらを選ぶべきか分かりますよね。

20150207_516

この記事を書いた人

加藤 のりふみ
加藤 のりふみ
20カ国行ってわかったこと「日本人は家族を大切にしなさすぎ。」
人間としてありえない。私は家族を中心に人生を楽しみます。あなたも一緒にいかがですか?