The following two tabs change content below.
都並 佑樹

都並 佑樹

1972年生まれ。東北大学大学院修了。技術士(総合技術監理・建設)。頑張って取得した学歴や資格が、返って人生を消耗させていることに矛盾を感じたことがありませんか?数年前の私のように。古い常識を打ち破り、まずは年収10倍UPを共に目指しましょう!コモディティからの脱却を応援します!

 

これまで投資ではかなり痛い目にもあってきたのですが、最終的に行き着いた答えは、「ドルコスト平均法」です。

長期的には必ず利益は出ます。

 

昨日書いた学びのない悪い失敗を良い失敗に変えるには、「またやってしまった~」の「また」の理由を分析する必要があります。

社会情勢は時々刻々変わっているので、個別の取引の失敗原因を分析したところで、次に活かせるとは限りません。

あとからなら、理由などいくらでも付けられますからね。

そうではなく、失敗に至った背景や思考の癖を追求することが大事です。

私が投資の失敗から学んだことは次の5つです。

 

①基本的に株式や債券への投資は、プラスサムゲームなので長い目で見たら必ず儲かる。

ただし、短期的には振れ幅が大きいので、大きくマイナスになる恐れもあります。

なお、パチンコ、競馬、宝くじはすべてマイナスサム(胴元が必ず儲かる)。

FXはゼロサム(手数料やスプレッドがあるのでややマイナスか)。

パチンコや競馬で生計を立てている人もいますが、下りのエスカレーターを駆け上がるようなものなので、よほど好きで根性もないとできませんね。

 

②株価はランダムウォークであり、予測することは不可能であることが証明されている。

プロのファンドマネージャーがそれなりのパフォーマンスを挙げているのは、実は、厳しい管理基準があって、損失が出たら強制的に損切りをさせられるからだそうです。

一番の違いはこれなのです。情報の量・質などもプロと個人では全然違いますが、だからと言って勝率はほとんど変わらないと言われています。

余談ですが、チャート分析だとかは、ほぼノイズですね。ロールシャッハ・テストのように適当な図形にあとから意味を見つけているだけです。

おそらく、チャート分析で実際に成果を出している人は、チャートそのものよりも、本質は仕組み化(損切りルールの徹底)だと思います。

 

③人間には「自信過剰バイアス」がある。

本来、時間も情報も限られた個人が勝ち続けられるはずがないのですが、ほとんどの人は「自分だけはうまく出来る」ような錯覚をしてしまうのですね。

 

③個人は心理戦で負ける。

行動経済学の基礎理論を提唱したダニエル・カーネマンによると、人間は同じ金額の「儲け」と「損失」であれば、損をする苦痛の方が儲けた喜びより約2倍大きいそうです。

それだけ損失は心理的苦痛を伴うので、この差が様々な現象を引き起こしているようです。

行動経済学の本を読むと、いかに人間は不合理な選択をしてしまうかがよく分かります。

 

⑤分散投資は必要。

個別の銘柄だとデフォルト、倒産、事故・不祥事による暴落のリスクが有ります。

 

 

以上より、本来プラスサムのゲームなわけですから、予測は不可能だという前提に立って厳格な損切りさえできれば、必ずトータルでは利益は出せるのです。

 

にもかかわらず、バイアスがあるのと心理戦に負けるので、多くの人はその簡単なことがどうしてもできないのですね。

 

そして、これらの困難をすべて解決してくれる投資法が、ドルコスト平均法ということになります。

これは、金融商品(通常、インデックスファンドなど管理コストの安い投資信託)を毎月定額買い続けるものです。

価格が下がった時にはその分多くの口数を買うことができ、平均買取価格が低下しますので、元の価格に戻った時にはいつの間にか利益が出ています。

 

これの良い所は、株価が下がってくれたほうが沢山仕込めるので嬉しくなることですね。

今すぐ値上がりしても、投資額がまだ小さいですからそんなに大きな儲けにならないので、なるべく低迷していてほしいわけです。

つまり、心理戦に負けるという状態から開放されて、ストレスが無くなりました

 

実際、私はリーマンショック直後の2009年から毎月10万円ずつ買い続けました。

(給料からなので生活はギリギリでしたが、消費でお金がなくなるわけではないので。)

2012年までは、鳴かず飛ばず。損益もプラスマイナス20万円の範囲でほとんど動きがない状態でした。

 

そして、野田総理の「解散」発言直後からどんどん上がり始めて、2013年はものすごい勢いで資産が膨らみ続けました。

あの状況でよく解散してくれたものです。笑

 

都並佑樹

この記事を書いた人

都並 佑樹
都並 佑樹
1972年生まれ。東北大学大学院修了。技術士(総合技術監理・建設)。頑張って取得した学歴や資格が、返って人生を消耗させていることに矛盾を感じたことがありませんか?数年前の私のように。古い常識を打ち破り、まずは年収10倍UPを共に目指しましょう!コモディティからの脱却を応援します!