The following two tabs change content below.
吉田直紀
超健康カラダプロデューサー | 国家資格を持ち最新医療の病院という現場からスポーツ現場でも働いてきた。2万人以上の施術、年間150冊の読書量、今まで勉強に費やしてきた金額は数百万円、トップアスリートも担当。人気のカラダブログは記事を取り上げられ、雑誌の掲載もしている。そんなカラダのスペシャリストがあなたのカラダを変える。
0138tbm280721x2

charisma_logow

160913_%e5%90%89%e7%94%b0%e7%9b%b4%e7%b4%80%e6%a7%98

吉田 直紀

超健康カラダプロデューサーNaoki

<超健康カラダプロデューサー吉田直紀のプロフィール>


まだ整体やマッサージ、病院・スポーツジムに行っているの?


プロアスリートも支持している超健康カラダプロデューサーNaokiです!
まだ整体やマッサージやスポーツジムや病院に行っているの??
そろそろ正しい運動・法則で自分のイキイキとしカラダ取り戻しませんか
もうどこにも通わないで自分の体をケアできるようになります。

 

私は1985年生まれの31歳
茨城県つくば市在住 人間のカラダに興味をもち国家資格までゲットしてしまった
超健康オタクです。 国家的に超健康オタクです。

 

現在は身体の施術やトレーニング、セルフケア指導、ネット上での健康情報の配信中。

「心と体が変われば人生が変わる」を1人でも多くの人に伝えている。

 


1年半で大学中退!
人のカラダに興味を持ち国家資格までゲット!


何の変哲も無い凡人の私。
18歳で大学に進学するが不透明な授業に頭を抱える。
「おいおい。その他大勢と同じにはならないぜ」
というわけのわからない考えから やや孤立し始める。
人がやらないようなことをやるのが好きな性格。

 

アルバイトも普通のコンビニや居酒屋ではなく
「スポーツジムのインストラクター」を選択。
ここで私の人生は1つ変わった。

 

スポーツジムのアルバイトをはじめると。
ダイエットや筋トレやリハビリなど。。
本当にいろんなボディメイクが 楽しくてしょうがなかった。。
・3度の飯より筋肉と骨が好き。
・朝起きたら腕立て伏せ。
・洋服の雑誌よりもボディビルダーの雑誌を見る。
・体脂肪率も8%まで落とす。
・とりあえず筋肉に挨拶する。

 

「あ〜人間の体は面白いな〜っと」 人のカラダに異常な興味を持つ。

 

ついには健康に興味を持ちすぎて大学を1年半で中退!
カラダの専門家であるリハビリ国家資格「理学療法士」の学校へ入学。
そう、健康オタクの末に国家資格まで取得してしまったのです。。

 


人は一生健康になれない?
患者が繰り返す病気に悩んだ病院時代


念願の理学療法士の資格をゲット!

卒業後は有名大学病院やトップアスリートが通う整形外科クリニックに勤める。
1日に20~30人近い人数の患者さんやスポーツ選手と関わっていた病院時代。
色んな病気や疾患を見ることが楽しくて仕方がなかった。

 

しかし一方で、怪我や病気をしても本当の健康に気づく人は少ないことを実感。

 

・手術してもまた再発する・・
・膝が治っても今度は腰が痛む・・
・カラダだけでなく精神的に病んでしまう・・
・トレーニングが続かない・・
・腰痛も肩こりも何度も再発する・・
・体が悪くなった原因に気づいていない・・

 

「いくら手術してもすぐに人は怪我をする。リハビリをした後も痛みが再発してしまう。患者さんは正しい情報がわからないから不健康になってしまう。 結局人は死ぬときに不健康でこの世を去ってしまう。運動もトレーニングも9割の人が続かない・・」

何とも言えないむなしさがあった。

また医療業界の組織や資格の縛りからも自分の行動に制限をかけていた。

「結局人は体を壊すし、治らないのかもな・・もういいかな〜」と思い悩んだ 病院暗黒時代

 


再起不能と言われた1人のプロスポーツ選手との出会い


そんなときに1人のプロスポーツ選手に出会いました。
激しいスポーツによりカラダには限界がきていた。
すでに全国の病院を周り、、手術も繰り返しあらゆる治療を尽くしていた。
私も医師もかなり厳しいと言わざるをえない状態。
ただその選手は怪我をしても諦めなかった。
2時間半かけて私のところまで通い続けた。

「ボロボロになった膝でもう一度ピッチを走りボールを蹴りたい」と。

熱い気持ちを胸に。
正しい運動を続け、少しずつ正しい体の使い方を覚えた選手。

半年をかけてその選手はピッチに戻った。
2年半もまともに走れず、階段の上り下りでも痛みを感じていた選手。
誰もが無理だと思われていた怪我から復帰。
そして、もう一度試合をすることができた。
今まで暗かった選手の心にも光が差し、明るく前を向けるようになった。

 

「プレイができるようになったのは吉田さんのおかげです。」

 

その時の言葉、笑顔が今でも忘れられない。
私はその時実感した。
「どんな体の状態でも人は変わることができる。そして体が変われば心も変わり人生が変わる。まだまだ人間のカラダは無限の可能性がある」

 

それから・・私は猛勉強をした。
西洋医学だけでなく、東洋医学、脳科学、栄養、トレーニング、民間療法。 年間150冊を超える専門書と合計300万円以上のセミナー参加・技術投資をした。

だからこそ自信を持って言える。

「人の体は超健康になれる。何歳からでも。肩こりや腰痛も、体の不調はなくなり毎日健康的でエネルギー溢れる生き方ができる!!」


1人でも多くの人に本当の美と健康を伝えたい


医療側でのサポートにも限界を感じていました。

だから病院を離れ、フリーの施術家になりました。

一人でも多くの人と関わり怪我や病気で苦しんでいる人を変えていきたい。

そんな思いで人々の健康をサポートしています。

<超健康カラダプロデューサーNaokiがやっていること>
・スポーツ選手のカラダ作り(プロ〜アマ、ジュニア世代まで)
・腰痛、肩こりを自分自身で解消する方法(オンラインもオフラインも)
・オンラインでのカラダ分析(動き方分析、カラダの悩み・痛み分析、セルフケア指導)
・セルフ骨盤矯正方法
・アンチエイジングな姿勢矯正方法
・超健康的な食事サポート などなど

「自分のカラダは自分でよくする!」を軸に誰にでも簡単にできる運動を指導しています。

 


あなたは自分の健康にいくらお金かけていますか?


もし自分のカラダに1円もお金をかけていないのであれば問題です。
サプリメントやスポーツジムやダイエットにお金をかける。
これは重要なこと。自分のカラダに気をつかっている証拠。

どんな人でも自分の命と身体が一番。
一人でも多くの人に気づいてい欲しい。
お金や時間や仕事よりも大切なのは自分自身。

あなたの財産である「身体」を預かることが私の仕事です。

そしてそれはほんの小さなことから始められます。
毎日5分でいいです。 体に向き合う時間を私にください。
超健康カラダプロデューサーNaokiがあなたのカラダを少しずつ変えます。
これからはかかりつけ医じゃなくて かかりつけのトレーナーが必要なのです!

 

私は人々が超健康でいられるように3つのカラダの変化を提供します。

1カラダの痛みから解放される

2カラダの内面から変える(食事・メンタル)

3カラダの外面から変える(ボディメイク)

 

人々が運動が続かないのは 自分への甘さと監視する人がいないこと。
これが大きな問題。
だからネットを通していつでもどこでも あなたに健康を届け、身体の状態を管理します。
超健康カラダプロデューサーNaokiがあなたの体を徹底的にサポートします。

子供のように朝から晩までいくら遊んでも疲れない体を手に入れませんか?

長年の肩こりと腰痛から解放されたくないですか?

キレイなシャキッとした体になりたくないですか?

いつからでも、何歳からでも人のカラダは変わります。

さあ一緒にカラダに革命起こしましょ

 


あなたの大切な人を世代を超えて守るために


あなたの大切な人は誰ですか?

お母さん?お父さん?

おじいちゃんやおばあちゃん?

友達?

恋人?

子供?

 

あなたの愛する人を健康にしましょう。

大切な人を世代を超えて守るために。

 

簡単で誰にでもできるセルフケアや情報をお届けします。

 

難しいことは一切必要ない。

自宅で簡単に健康になりましょう。

まずはLINE@でNaokiと繋がりましょう↓↓


友だち追加

 

banner_b

SNS LINK

OTHER CHARISMA

この記事を書いた人

吉田直紀
吉田直紀
超健康カラダプロデューサー | 国家資格を持ち最新医療の病院という現場からスポーツ現場でも働いてきた。2万人以上の施術、年間150冊の読書量、今まで勉強に費やしてきた金額は数百万円、トップアスリートも担当。人気のカラダブログは記事を取り上げられ、雑誌の掲載もしている。そんなカラダのスペシャリストがあなたのカラダを変える。
Simple Share Buttons
Simple Share Buttons