まさかの

時給2億円!?

世界のありえない
大富豪トップ10!

アメリカの経済誌であるフォーブス誌が、世界の金持ちランキング・長者番付を発表

先日、アメリカの経済誌であるフォーブス誌が、世界の金持ちランキング・長者番付を発表しました。長者番付と言えば、数々の大富豪達の名前が挙がり、毎年ニュースになりますね。

さて、この「世界の大富豪ランキング」、今年は何位に誰が入っているのでしょうか。また、果たして日本人はランクインしているのか。

早速、2016年のランキングを10位から順番に見ていきましょう。

世界の大富豪ランキングトップ10&資産額

10位

リリアンヌ・ベタンクール(フランス)
401億ドル

woss%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8c
フランスの化粧品メーカーロレアル創業者の娘。ロレアル株8%をネスレから買い増しを行い、ベタンクール一家全体でロレアル株の保有率を33%まで引き上げたことで、資産をさらに増やした。

9位

ジム・ウォルトン(アメリカ)
406億ドル

woss%e3%82%b8%e3%83%a0%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%b3
ウォルマート創業家の一族で、創業者サム・ウォルトンの末っ子。一族で設立した150億ドル弱の資産を有するArvest銀行の会長兼CEOを務めており、27か国11,000以上の店舗を擁して、なんと4,730億ドルもの収益を上げた。

8位

クリスティ・ウォルトン(アメリカ)
417億ドル

woss2%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%b3
世界最大の小売り企業ウォルマート創業者次男ジョン・ウォルトンの妻。2005年にジョンが飛行機事故で他界した際、夫の資産を相続した。そしてウォルマートの配当を4.7億ドル受け取っている。

6・7位

チャールズ・コーク(アメリカ)
デービッド・コーク(アメリカ)
429億ドル

woss%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ba%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%af
国際的な複合企業であるコーク・インダストリーズ社の共同経営者を務める言わずと知れた兄弟。ビジネス界での影響力も去ることながら、政治へのかかわりが強く、昨年、中間選挙では2人で計700万ドルを費やすなど話題となった。

5位

ラリー・エリソン(アメリカ)
543億ドル

woss%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%bd%e3%83%b3
ハイテク関連の起業家。CIA用にデータベースを構築した後、データベースソフトウェア会社のOracleを設立。昨年の収益は383億円まで成長したが、2014年9月にCEOの座を退くことを明らかにし、世界に衝撃を与えた。

4位

アマンシオ・オルテガ(スペイン)
645億ドル

woss%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%aa
世界的な服飾ブランド「ZARA」を設立。自国スペインが金融危機にあえぐ中、オルテガ氏は、過去10年間に渡って、同ブランドを運営するInditex社の配当を数十億受け取り、マドリッドやバルセロナ、ロンドン、ニューヨークなどの不動産に再投資した。

3位

ウォーレン・バフェット(アメリカ)
727億ドル

woss%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88
世界的に著名な投資家で、長者番付のトップ3の常連。世界最大規模の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイ社の株価が、昨年初めて200,000ドルを超えるなど、好調なパフォーマンスに支えられ、バフェット氏の資産額も過去最高となった。

2位

カルロス・スリム・エルー(メキシコ)
771億ドル

woss%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%a0
「メキシコの通信王」の異名を持つカルロス氏は、2013年まで4年連続で世界長者番付のトップを守った実績がある。
昨年は56億円を投じてAT&TTの株式を8.3%を取得。また、ニューヨーク・タイムズの17%近い株式を取得して筆頭株主となっている。

1位

ビル・ゲイツ(アメリカ)
792億ドル

woss%e3%83%93%e3%83%ab%e3%82%b2%e3%82%a4%e3%83%84
マイクロソフト共同創業者。現在は妻とビル&メリンダ・ゲイツ財団の慈善活動に注力している。過去20年間で15回もトップに輝くなど、もはや「世界一の大富豪」は、彼の指定席といっても過言ではない。前年度760億ドルだった資産はマイクロソフトの好調なパフォーマンスなどによってさらに押し上げられた。

あなたもすぐにマネできる!大富豪たちに共通のある法則とは?!

41849844 - young female school teacher in a black suit holding the letter a and looking at the camera isolated on white background

あなたは世界の大富豪たちのランキングを見ていて、素朴な疑問を抱かないだろうか。

それは、いかにしてこれほどの巨額の富を築いたのか。そして、彼らはいかにして大富豪になりえたのか。

その謎を解き明かすべく共通点を探ってみると、ある一つのキーワードが浮かび上がってくる。

そのキーワードとは、「失敗を恐れない思考」である。

どんな事であっても、新しいことに果敢にチャレンジする時というのは、常に失敗というリスクが付きまとっています。その失敗を恐れて、多くの人は挑戦することを抑制したりします。

しかし、その思考法こそが、大きな成功を収める者と凡人とを大きく分ける分岐点になっているのです。

多くの人は、無難な道を歩もうとします。しかし、成功していく人間というのは、あえてリスクのある道を選びます。それゆえ、特異な存在となり、希少価値のある人材となっていきます。

そしてその他大勢とは違う行動を起こすからこそ、その行動に興味関心が集まり、記憶に残り、やがてそれが伝説となっていくのです。

とはいえ、失敗を恐れない思考法に変えろと言われても、なかなか簡単にできるものではありません。

では、どのようにすれば失敗を恐れない思考になるのか?

それは「失敗したらどうなるのかを冷静になって考えてみること」です。

どんな成功者でも、やったことのない事に対して、迷ったり、躊躇したりすることはあります。しかし、失敗してもその先に見える世界に可能性を感じれば、そういった感情は、やらない理由にはならないのです。

失敗という事象自体に人は恐れがちになりますが、本当にそれが起きたら何が起きるのかを冷静に考えてみると、意外に対したことではないと思えるはずです。

大富豪たちの教えを体現した日本の若き成功者

%e6%9c%ac%e8%8d%98%e5%a4%a7%e5%92%8c

日本にも、世界の大富豪たちと同じ思考を体現して、短期間で驚異的な成功を収めた男がいる。

その男とは、「本荘大和」である。

2015年1月、前職であった会社員を辞め、独立を果たす。

同年11月には、月収270万円を達成、またその半年後には月収500万円まで到達。

彼の得意分野である「セールス」を武器に、その実績が物語る通り常識では考えられない速さで、一気に成功者まで登り詰めたビジネス界の異端児である。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出。

しかしそんな順風満帆に見える本荘も、かつては安月給のどん底サラリーマンであった。毎日終電まで働き、時間もなければお金もない。

悶々と現状に不満を抱きながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトしてしまう状態に陥ってしまう。

そんな中、インターネットセールスを武器に、経済的にも時間的にも自由に生きている人達がいることを知る。

その後、与沢翼氏のグループ会社で社長を務め上げた孤高のカリスマ経営者、小西玲太朗氏のもとで徹底的にセールス力を磨く。

以降わずか1年で、過去の自分では想像すらできなかったステージに駆け上がる。

そして、経済的成功を手に入れることによって、あらゆる自由がを手に入ることを身を持って実感。

加えて、人生を豊かにするためには、セールスを磨くことこそ本質である、という確信をより強いものとした。

「関わる全ての人を稼がせて幸せにすること」

これは、本荘大和が常に人生の中心に置いている信条である。

本荘にとって、「人を幸せにする」とはどういうことだろうか。

それは、稼ぐ能力を身に付け、経済的な成功を手に入れてもらう事である。

なぜなら、経済的な成功が全ての自由をもたらすことを、彼は実体験から知っているからである。

では、どのようにしてそれを手に入れるのか。

それは、「セールス力を磨く」こと。

ビジネスにおける彼の最大の武器であり、且つ、経済的成功を収めるための本質中の本質である。

彼がここまで驚異的な成功を収めることが出来たのも、ただひたすらに「セールス力」を磨いてきたからに他ならない。

そして今夏、彼はその確信と自身の理念を形にするべく、日本一稼ぐセールスカンパニー「WOSS」を立ち上げる。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、最低月収100万円以上の最強セールス集団を創ることを創業理念に掲げる。

彼がこれまで培ってきた確かなノウハウがあれば、この目標を容易に達成してしまうであろう。

事実、彼のセールスコンサルティングを受けて、月収100万円クラスの実績を出した人は、もはや数えきれないほどになっている。

また、どの人も短期間で目標を達成しており、今でも継続的に成長を続けている。

そんな彼の新会社WOSSから成功者が続出することで、世の中の常識がひっくり返される瞬間が、すぐそこまで来ている。

%e6%9c%ac%e8%8d%98%e5%a4%a7%e5%92%8c%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab

あなたの未来は
成功以外ありえない

woss

ここまで読んできたあなたは、成功していくためには、「セールス力を磨く」ことがいかに重要であるかをしっかりと理解できたはずだ。

もちろん、失敗を恐れない思考をベースとして。

そして、その成功への気付きを得たあなたが次にすべきこと、それは「行動を起こすこと」である。

では、その行動とはなにか?

それは、「成功せざるをえない環境に身を置くこと」、そして現在進行形で結果を出し続けている成功者のもとで「セールスを徹底的に学ぶこと」である。

もちろん学ぶべき成功者というのは、言うまでもなく本荘大和であり、身を置くべき環境とは、少数精鋭メンバーを現在募集している、彼の新会社WOSSである。

「成功せざるを得ない環境に身を置く」、そして「人を稼がせることが幸せである男のもとで学ぶ」。この二つを行動に移せば、あなたの未来は成功以外にはありえないのである。

あとは、成功者の大原則である「即断即決」を意識して、次のステップに進むだけ。

これであなたの未来は、圧倒的に違うものになるだろう。

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

Simple Share Buttons
Simple Share Buttons