The following two tabs change content below.
本荘 大和

本荘 大和

2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。 同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。 そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。 一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。 また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。 順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。 毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。 「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。 しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。 それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。

会社を経営するなかで売上を伸ばすこと必須。

売上がなければ会社は継続できない。

そんなの当たり前。

売上をあげても利益がなければ、

これも会社としては意味がない。

それも当たり前の話。

しかし、それでもダメなときってある。

それは

黒字倒産

2014年に潰れた企業は、約1万社。

そんな膨大な数の企業が消えていったわけだけど、実はそのすべてが赤字なわけじゃない。

この消えていった企業の中で赤字の割合ってどのくらいか知ってますか?

実は、6割弱。

ということは、4割の企業は黒字なのに倒産している。

なぜ黒字で倒産するの?

それは資金繰りの問題。

売上をあげたからってすぐに現金が入ってくるわけじゃない。

早くて1か月後とか、遅かったら数か月後になる。

要は売上と入金のタイミングにはかなりのタイムラグがある。

だから売上があがったからといってすぐに入金があるわけじゃない。

そんなときのために銀行から運転資金を融資してもらうんだけど、

どの会社にも銀行が融資してくれるわけじゃない。

(そこは『半沢直樹』でも見て勉強してください)

銀行が貸してくれないとなると、

公庫だったり、保証協会から融資してもらうんだけど、

それでも融資を受けれない場合がある。

ほとんどの経営者はそこで

\(^o^)/オワタ

ってなるけど、

実はまだ最終手段がある。

諦めないでほしい。

最終手段とは?

それは・・・

頭を下げる。

そんなこと!?って思うかもしれない。

でも、これを馬鹿にしてはいけない。

取引先や、経営者仲間、知人に頭を下げるのだ。


≪事例①≫取引先に頭をさげたらなんと・・・


僕の知り合いで、これから起業しようとする人がいた。

自己資金はゼロ。

というのも、現在勤めている会社が倒産してしまうためだ。

彼は長年働いてきたが、給料の未払いが続き、給料がでても数万円というレベル。

だから自己資金なんてあるわけがない。

転職するにも年齢が年齢だから、なかなかきつい。

そこで今までの技術をもって起業を試みた。

しかしお金がない。

銀行に駆け寄るも、貸してくれるわけがない。

「取引先に思いをぶつけてみたら意外と貸してくれんじゃないですか?」

僕は方法を思いつかなかったから、そんなアドバイスをした。

そして数日後、、

携帯が鳴る。

「本荘さん、有難うございます!」

なんと、彼は僕のアドバイスを素直に実行したのだ。

そして取引先が彼に出資してくれたのだ。

奇跡!


≪事例②≫フェイスブックで決意表明したら・・・


兵庫県のとある会社。

そこは全国から引きこもりを集め農家をしている。

全国から引きこもりを集めるわけだから彼らが住む場所に必要。

住む場所を見つけたのはいいが、

なんせボロイ。

風呂場なんて使い物にならない。

そこで体を洗ったら、逆に体が汚れてしまうほどだ。

というわけで、リフォームするわけだが、

そのリフォーム代が数百万かかってしまう。

業績がそんないいわけじゃないから、リフォーム代を捻出できない。

そこで銀行に融資の申し入れに行ったところ、

断られた。

社長はひどく落ち込んだ。

しかし、「引きこもりの方たちのためになんとかしないと!」

という思いがあり、

「銀行の融資は通りませんでした。でも僕は絶対になんとかします!」

と、フェイスブックに決意表明。

自分に言い聞かせるために投稿した。

すると、その投稿から数時間後。

彼の投稿を見ていた人が、自宅にきた。

そして紙袋を彼に渡した。

「差し入れか」

と思った彼は、紙袋の中身を見ると

なんとそこには数百万。

その方はいつも彼の発信を見ており、

彼の素晴らしい人間性に惹かれ、彼ならきっとなんとかやってくれると思い、

そのお金を彼に託した。

奇跡!!


≪事例③≫高額納税者ランキングに上から順番に突撃・・・


彼もこれから起業をしようとする一人。

しかし彼もまた自己資金がない。

でも絶対に起業をしたいという気持ちはあった。

信用もあるわけじゃないから融資も受けれない。

そこで彼は、お金持ちからお金を借りればいい

という単純な発想のもと、

高額納税者ランキングにのっている人達へアプローチしようという作戦

彼はそのランキングに載っている人へ

上から順番に会いにいくことにした。

一人目に会いにいった。

門前払い。

そりゃそうだ。

しかし、そんなことで諦める彼ではない。

そして二人目か三人目のときにお金持ちの目に彼がとまった。

彼は

「なぜ事業をしたいのか」

「どのようになりたいのか」

「なぜここまでしてやるのか」

そのすべてを語った。

彼のプレゼンが終わったとき、

お金持ちはそれに感動し、涙を流した。

そして彼に2億円を預けた。

奇跡!!!

結局ね、お金って問題じゃない。

もちろんお金がなかったら何もできない。

しかし、本気の思いがあれば何でもできる。

本気であり続ければ、必ず夢はかなう。

お金の問題で何かを諦めようとしている、あなた。

それ、ただの言い訳。

世の中そんなもんです。

この記事を書いた人

本荘 大和
本荘 大和トップオブセールスマン / 起業家 
2015年1月、サラリーマンを辞め、独立を果たす。
同年11月には月収270万円を達成し、2016年5月には月収500万円を達成。
そして今夏、最低月収100万円以上の最強セールス集団を作るべく株式会社WOSSを設立する。

一流のセールス力にネットテクノロジーを掛け合わせ、野獣のようなセールス軍団を創る。

また、これまで300名以上のセールス指導実績をもち、月収100万円を超える生徒を多数輩出する。

順風満帆に見える独立ストーリーだが、それ以前はどん底の安月給サラリーマン。

毎日終電まで働き時間がなければ、給料も毎月19万円とお金もない生活。
「このままじゃダメな」なんて思いながらも、経済状況が未来への思考と行動をシャットアウトするような状態。

しかし、そんな悶々とした日々の中で、インターネットセールス武器に経済的にも時間的にも自由に生きている人たちがいることを知る。
それを機に、孤高のカリスマ小西玲太朗氏の存在を知り、その出会いによってわずか 1 年で過去の 自分が想像すらできなかったステージにあがる。